愛されたことがないと感じるあなたへ

誰かに愛されたい、必要とされたい、自分を認めて貰いたいという思いは
多かれ少なかれ誰にでもあるものだと思います。

ですがその思いとは裏腹に、「誰からも愛されない」現実を送っている。
自分は誰からも愛されてはいない、そう感じてしまう。

どうすれば愛される人になれるのか
必要とされるのか、そして認めて貰えるのか。

そういったことを考え、自分に足りないものを考え
それを補い一生懸命「愛される人になりたい」とあなたがどれだけ頑張っても
きっと現実は変わらないことでしょう。

あなたが愛を求めれば求めるほど、それは遠く離れた存在になってしまいます。

どうすれば愛されるのか、必要とされるのか、自分を認めて貰えるのか。
そう考えている限りは。

スポンサー ドリンク

【愛されるとは何か】

あなたは誰かに愛されたいですか?
自分は愛しているのに、相手は愛してくれないと思いますか?

では愛とは一体なんでしょうか。
なにをしてもらえれば、あなたは愛を感じるのでしょうか。

多くの人が愛されていると感じるのは
自分が必要とされている時」だと思います。

「好きになってくれた人が好きな人」なんていうのは
相手が自分を必要としてくれたから、というのが大きな要因ではないでしょうか。

そして誰からも愛されたことがないという思いがあるのは
あなたが誰からも必要とされていないと感じ
必要とされない自分は、必要のない人間だと、そういう思いも感じているから
誰かに必要とされたくて、愛される方法が知りたくて
ここにたどり着いたのではないでしょうか。

ですが誰かに愛される為の方法は、ここにはありません。
愛される方法を知った所で、あなたが幸せになれると、私は思わないからです。

誰かに愛されたいという思いを手放しましょう。(手放す事で執着をなくす
あなたが「愛されたい」と願う事は、あなたに「愛されない理由」を突きつけてきます。

【愛して欲しいという望み】

なぜ「愛されたい」と願っても、あなたは愛されないのでしょうか。

愛されたいという思いを持っている時、あなたはあなたが愛されない理由
つまり「自分に足りないもの」にフォーカスしています。(なぜ自分にばかり不幸が起こるのか

愛されたいと思う事は、愛されていないと自分が思っているということ。
そしてその考えが、あなたを幸せにしてくれることはありません。(叶わない恋だと知っているから…

幸せになりたいと思う事も同様に、幸せや愛は貰うものでも求めるものでもありません。
そこにあると気づくもの、感じるものです。

愛されたことがないと思う人は、そこにある愛に気づいていないだけ
そこにある愛を感じようとしていないだけかもしれません。

私の家庭は母子家庭なので、父親がいないまま長く過ごしていましたが
思春期の頃は「自分は必要ない人間なんだ」という思いが強く
なんの為に産まれて来たんだろうなぁとよく考えていました。

この頃は本当に自分に足りないものばかりを考えていましたし
幸せを感じる時と世界に取り残されたような気持ちになる時の浮き沈みが激しかったです。

ですが色々なキッカケがあり、愛される事を求めることや
幸せになりたいと願う事は少なくなり、穏やかな気持ちで毎日を生きています。(ゆるく生きる方法-ストレスを手放そう-

愛を求めることを辞め、幸せを求めることを辞め
いまここにある愛に気づき、いまここにある幸せを感じるように生きて行くことで
あなたは「愛されている」と気づくのではないでしょうか。

【自分が幸せになるのを許す】

愛されない、幸せになれないという現実を創っている人の多くは
自分は幸せになってはいけないという思い込み、固定観念を持っているように思います。(心のブロックの外し方

それは私も経験してきたので、少しは気持ちはわかると思いますが
自分は幸せになってはいけないという思いが心のどこかにある以上
あなたがどれだけ「愛されたい」「幸せに生きたい」と思っても、それが叶う事はありません。

ですがあなたは幸せになってもいいんです。

私は過去に中絶した経験があります。
だから自分の命を大切にしない自分を不幸にばかりしている人をみると
どうしても少し悲しみやもどかしい気持ちが出てきます。

もっと幸せになれるのに、生きているだけで凄いのに
自分の可能性に蓋をしてしまっている人を見るのはとてももどかしいのですが
そんな人に私が出来るのはキッカケを創ることだけです。

あなたの人生を変えるのはあなたです。私ではありません。

自分が幸せになることを許し、幸せに気づき、愛に気づき、生きていきませんか?



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク