飽きっぽい性格は治すべき?

熱しやすく冷めやすい、何事も長続きしない、飽きっぽい性格をどうにかしたいと悩む人は多いのではないかと思いますが、飽きっぽい性格だからこそ出来る事というのもあるかと思いますし、飽きっぽい性格を治す必要があるのかどうかというのも、自分の生きたい人生によって変わって来るのではないでしょうか。

飽きっぽい性格で困った事といえば、新しく何かを始めようと道具を揃えて、ある程度出来るようになったらまた新しい事に興味を持って始めたり、仕事が続かなかったり、恋愛では恋人になれば相手に飽きて別れる事を繰り返したり、同じ様な事を繰り返す事が多く、そうしたことが短所だと思うかもしれません。

自分で「飽きっぽい」と思う人は、やっている事は違うこと、違う相手でありながらも、その本質というのは同じものではないかと一度考えてみるのもいいかもしれません。

何かを手に入れる事を目的としている人、手に入れる事で満足する事が多い人は、「自分の物にしたい」思いが強いのかもしれませんし、それでは「手に入れれば飽きる」ことになるかと思います。

新しい情報や興味のあるものに対して積極的に行動出来ることは、自分の生きたい現実を生きる為にはとても大切な事であるとは思いますが、それを「続ける」ということは、より大切な事になるものです。

飽きっぽいけれど色々な事が出来て楽しいのであれば、飽きっぽい性格は治そうと思わなくてもいいかと思いますが、何かを続ける事でしか得られない事というのはある、という事を知る事や経験してみることも自分の生きたい人生を生きる為の選択肢が広がる事にも繋がるのではないでしょうか。(継続は力なり

スポンサー ドリンク

【なぜ飽きるのか】

飽きっぽい人がよく飽きる理由を考えてみると「欲が満たされた」からか、「欲が簡単に満たされなくなった」からではないかと考える事も出来るかと思います。

例えば新しく始めたゲーム、ゲームというのは最初の方は簡単にクリアー出来るようになっていますが、途中からレベルを上げたり仲間を増やしたり、「何かを達成するまでに積み上げる時間」が増えて行くものです。

今までは簡単にクリアー出来ていたものが出来なくなり、達成感を味わう事が難しくなった為に飽きてしまう、他に簡単に達成感を味わう事が出来る新しいゲームに手を出す、という事もあるのではないでしょうか。

恋愛で飽きっぽい人というのは「自分を求められる」ことを求めているので、好きになった人に求められ恋人になり、その雰囲気に慣れて来ると、また新しく自分を求めてくれる人の所へと行ってしまう、という事もあるかと思いますし、自分の欲が満たされた事によって「飽きてしまう」ことになるのかもしれません。(恋愛に疲れた人が幸せな恋愛をする為に必要なこと

自分が飽きっぽいと思うのであれば、自分が何を求めて生きているのか、という事を知る事が「飽きっぽい性格」を治すことや、自分の生きたい人生を生きる為の一歩になるのではないでしょうか。

【飽きっぽい性格でも良い】

私はどちらかと言えば飽きっぽいので、飽きっぽい性格が悪いとは思いませんが、新しく始めた事が続かないことに対しては「自分の望む現実を創る事には繋がらない」と感じる事が多く、「続ける」ことを選択することもあります。

ですが「続ける」というのは例えば「ブログを続ける」というよりも「人の可能性を広げる」というように、抽象的な事に対して「続ける」ことを意識しています。
そうする事で「やらなければいけない」思いではなく、「やりたい」という思いから行動を起こす事が出来ています。

何かを続けたいと思うのであれば、抽象的な目標や、やりたいことを探してみるのもいいかもしれません。(人生の目的の見つけ方

自分がどんな現実を創りたいのかという事を考え、それに必要な事を選択していく事を考えてみてはいかがでしょうか。



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク