カテゴリー:4:人間関係

  1. 器の大きい人になりたいと思うのは、自分自身「器が小さいな」と思うようなことがあったり、もっと自分に自信を持って「素敵な人になりたい」という思いがあるからかと思いますが、器の大きい人になることは、人生をより幸せに生きていくことにも繋が…

  2. 「嫌われる勇気」という言葉は、「嫌われたくない」という思いがあるからこそ出てきた言葉かと思いますが、人に嫌われたくないから「望んで嫌われないように生きている」のであれば、嫌われる勇気を無理に持つ必要もないのではないかと思います。…

  3. 誰かに嫌われていないか、陰口を言われていないか、変なことをしていないか、など、自分が人からどう思われているかという事が気になる人というのは多いようです。 なぜ自分がどう思われているかが気になるのか、という事を考えた時、「人に嫌われない…

  4. 他人を気にしない生き方が出来れば、こんなに生きづらいと感じることは無くなるのだろうか、と思うことがあるかもしれません。 人の事を気にして自分の意見が言えなかったり、人に迷惑をかけないようにとばかり考えてしまって精神的に疲れたり…

  5. 気の合う友達が欲しいと思っても、なかなか仲良くなれなかったり、建前ばかりの付き合いになってしまって「友達ができない」と思うのであれば、これまでとは違う行動を取る必要があるのかもしれません。 友達が欲しいと思うのは「仲が良いと思う友…

  6. 「なんだか生きづらい」と感じる人は、人との距離感が上手く掴めなかったり、周りの人を気にしすぎたりしてしまうのかもしれませんが そうした「生きづらさ」を軽くするためには、自分が生きやすい環境を自分で作っていく、ということを考えて…

  7. 「苦手だな」と思う人との付き合い方に悩む人は少なくないかと思いますし、特に職場に苦手な人がいれば、辞めることも無視することも出来ずにストレスを抱えてしまう事もあるのではなないでしょうか。 どうにかしたいと思っても、自分が動くことに…

  8. 無神経な人というと「相手の事を考えていない」「自分の事しか考えていない」など、神経が無いと書いて無神経ですので「何も考えてない」とも捉えられるのかもしれませんが、そうした無神経な人が嫌われる傾向がある理由はなんとなく分かるかもし…

  9. 「もしかして自分は嫌われているのでは?」と思うのは、「避けられている」「会話が続かない」「命令される」など、嫌われてるかもしれないサインに気付いた時に「もしかして…」と思うかもしれませんが、人に嫌われる事はあまり喜ばしいことではあり…

  10. 気を使って生きることは当たり前の事で、人を傷つける言葉は言ってはいけない、相手の喜ぶ事をしなければいけない、相手の機嫌を損ねてはいけない、「人の顔色を伺う」事が当たり前、と思い生きる事は、とても疲れるものですしストレスも溜まるの…

RETURN TOP

スポンサー ドリンク