カテゴリー:8:本・知識

  1. 情報や知識を増やすという事は、自分の人生を創造することへと繋がりますし、逆に言えば、知らなければ創造出来ないという事でもあります。例えばお金持ちになりたいと思っても、お金持ちになる方法を具体的にイメージできなければ、それを現実に…

  2. パラダイムシフトが起こる事によって、人生を大きく変えることへと繋がる時がありますが、パラダイムシフトの意味を簡単に解釈すると「考え方の劇的な変化」であり、今まで当たり前だと思っていた事が全然当たり前ではなかったりだとか、頭を打たれる…

  3. コンフォートゾンとは自分が安全だと思う領域の事ですが、このコンフォートゾーンを抜け出す事は人生を大きく変えるキッカケとなる事は多いかと思います。コンフォートゾーンを抜け出し、人生が劇的に変わったという人は、コンフォートゾーンが広がったと言え…

  4. 真実と事実の違いを知り、事実こそが本当の事だと事実を追い求めるという事をしても その事実は絶対に「本当の事」だとは限らないのかもしれません。 真実と事実は異なるものとされており、真実とは人の数あり、事実とは1つだと言われています…

  5. 自己啓発本が好きな人は、ジェームズアレンやデールカーネギー、スティーブン・R・コヴィー ナポレオンヒルにはじまり、オグマンディーノや本田健さん、斉藤一人さんや中村天風さんなど 自分の好きな人の本は集めてしまう、全部読みたいと…

  6. 情報を見る目を養うということは、今の時代とても大切な事ですよね。 インターネットに繋げば沢山の情報に触れられることはできますが 果たしてあなたが見ているその情報は本当に正しい情報だと言えるでしょうか? インターネットで嘘の情報が流…

  7. 認知的不協和とは、自分が「これは駄目な事だな」と思っていても続けてしまうことの原因となるもので 例えば学校や仕事に行かなければいけないと思っていても行きたくない、休みたい時 学校や仕事に行かなくても良い理由を探しますよね。 「体調…

  8. ジェームズアレンの「原因と結果の法則」という本をご存知の方は多いかと思います。 この本は自己啓発書の原点と言われていますが、分厚くお固い専門書のようなものではなく 大切な事だけをまとめたシンプルで読みやすい本です。 久しぶりに読ん…

RETURN TOP

スポンサー ドリンク