コンフォートゾーンを抜け出す方法

コンフォートゾンとは自分が安全だと思う領域の事ですが、このコンフォートゾーンを抜け出す事は人生を大きく変えるキッカケとなる事は多いかと思います。コンフォートゾーンを抜け出し、人生が劇的に変わったという人は、コンフォートゾーンが広がったと言えるのかもしれません。
現実に何かしらの変化を起こす為には、今までとは違う行動が必要になりますよね。

「今までとは違う行動」というのは、自分のコンフォートゾーンの外にある事を指します。
自分が安全だと思わない、むしろ危険だと思う場所であったり、何かをするのに心配になったり不安になったりする場所がコンフォートゾーンの外側、という事になります。

例えば会社に勤めて長年働いていた人が独立する事は、コンフォートゾーンを抜け出す事かもしれません。
それが良いか悪いか、成功するかしないかはその人次第ですが、自分が安全だと思い留まっているその場所は、本当に安全なのでしょうか?

本当はやりたい事や夢があるのに、コンフォートゾーンを抜け出す事が出来ずに、自分が本当に生きたい人生を生きる事が出来ていない人もいるのではないかと思います。

今の自分を変えたい、現実を変えたい、人生を変えたいと思うのであれば、コンフォートゾーンを抜け出す事を考えてみる事で、現実を変えるキッカケを掴む事が出来るかもしれません。

スポンサー ドリンク

【変化を怖れる心】

多くの人がコンフォートゾーンに留まって生活してしまう理由は、そこが安全だと信じているからであったり、変化を怖れているからではないかと思います。

例えば初めて海外に行く時などは、危険ではないか、治安は良いのかと心配したりするかと思います。
だからといって行きたい気持ちを抑えて今のままの生活をしていれば、海外に行くという選択肢は消されてしまいますよね。

それと同じ様に、何かに対して危険だと思ったり、心配する事がある時、その道を選択しないという事は、コンフォートゾーン、自分が安全だと思う場所に留まって人生を行きて行く事を選択している事になり、変化しない事を望んでいるという事になります。

人生を大きく変えたいという場合は特に、今までとは全違う行動が必要となってくる事も多いかと思います。
そしてそうした大きな変化は、恒常性維持機能が働くのでなかなか行動に移せない事が多く、人生を変えるに至らない事があります。

コンフォートゾーンを抜け出す為には、そういった変化に対する怖れを手放す事が必要になるのではないでしょうか。(変化を恐れずに行動するには?

【安全は続かないと知る】

今まで通りの人生を行きていれば、人生は最悪なものにはならないだろう、と変化を怖れ安全地帯に居る事を選択したとしても、その安全が続くということの保証はありません。

コンフォートゾンから抜け出すことを考えるのであれば、安全は続かない、ということや、現実は何かしら変化するものである、という事を考えてみるのもいいかと思います。

安全が続かないというのは、例えば事故に遭って働けなくなってしまったりすることもある、という事です。
これは実際に私の身に起こった事ではありませんが、事故に遭い働けなくなった身内がいるので、他人事のつもりで話している訳でもありません。

そうした事が実際に起きたとして、その時に何を思い何を考えるのか、その先どうやって生きて行くのか。
安全が揺らぐ変化が起きた時、それに対応できる自分で在ることを考える事は、コンフォートゾーンを抜け出す事や広げる事を考えるのであれば大切な事ではないでしょうか。(自分の世界を広げる方法

【コンフォートゾーンを抜け出す】

コンフォートゾーンを抜け出したい、広げたいと考えた時、その先にあるものは何でしょうか。

自分が本当にやりたいことがその先にあると思うのであれば、一歩でもその先に踏み出す事で、自分が思っているよりも「怖いものではない」と思う事が出来るのではないかと思います。

現実に大きな変化を起こしたいと思うのであれば、その一歩を積み重ねる事が必要となるでしょう。
最初の一歩を踏み出す事が出来れば、その先の一歩が踏み出しやすくなるはずです。

行動すればする程に、変化に対する怖れというのは小さくなっていくものです。

今までと違う人生を歩みたいと思うのであれば、今までと違う行動、違う選択をしていく事を考え、最初の一歩を踏み出しましょう。(継続は力なり



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク