努力は必ず報われるのか

努力は必ず報われる、そう「信じたい」人は多いかと思いますが、努力は必ず報われるのかと問われると、そうでもないと答える事になるのではないでしょうか。「努力してきたけど駄目だった」と思う経験は多くの人が持っているのではないかと思います。

成功者と呼ばれる人達、才能のある人達、そうした人達は「努力は裏切らない」と言う人もいますし、「努力は必ず報われる」という人もいるでしょう。

確かに努力しなければそれに対する結果を残すという事は出来ない、という考え方は受け入れる事は出来ますが、まずそこまでの「努力」というのを出来る人が少ない事も視野に入れて考えてみることも大切かと思います。

どこまでの努力が必要なのか、いつまで頑張れば良いのか、それは人によって違うものですよね。

努力が報われなかったという言葉は、何かの目的があり、そこに向けて力を注いで自分なりに頑張ってきたけれど、理想の結果を得る事が出来なかった時に使われます。

例えば一般的には大学の受験や第一志望の会社への就職、部活動での活躍や会社での出世などでしょうか。
自分の夢があるのであれば、その夢を叶える為に頑張ってきたけれど、夢を諦めた時などに「努力は報われない」と考え、諦めることもあるのかもしれません。

多くの人が言うように、色んな所で聞く様に、努力は必ず報われるとは限りませんが、何かを成し遂げた人は「努力した人」だということは殆どの場合は当てはまるのではないでしょうか。

だからといって「努力は必ず報われる」と思い頑張り続けることは、辛く険しい道を自ら歩むことを選択しているのと変わらないのかもしれません。
努力は必ず報われると思い頑張る前に、自分が生きたい人生について考える事や、その努力の向かう先がキチンと見えているのかを考えてみる事も大切なのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【何の為に努力するのか】

人が何かの為に努力するのは、その先にある望む未来を手に入れるためかと思いますが、例えば野球選手になることや自分のお店を開く事を目標として努力していく場合であれば、野球選手になれたら、自分のお店を開く事が出来たら努力が報われたという事になるのかと思います。

ですが「野球選手になってどういう人生を生きたいのか」という事や、「何の為に自分のお店を持ちたいのか」という事を考えることも大切なのではないでしょうか。

その努力が報われれば幸せな人生を歩む事が出来る、自分の望む人生を歩む事が出来ると考えるという事は、今はひたすらに我慢して、やるべき事をやらなければいけない、「努力しなければいけない」という思いを持って生きて行く事となり、人生を窮屈にしてしまうかもしれません。

自分の生きたい人生を生きる為に、努力するという事は必要なことかもしれませんが、例えば多くの人に喜んで貰いたいという思いから自分のお店を開きたいと思うのであれば、その術は自分のお店を開く事以外にも出来る事があるという事も考えてみてはいかがでしょうか。(視野を広げて物事を見る方法

【努力の向かう先を考える】

何かを達成する為に努力するという事を考えた時、努力する所を間違えてしまうと何の為の努力だったのかという事になってしまいます。
その達成したい目標の為に必要なものというのも様々かと思いますが、良い会社に就職する為の努力なのか、良い会社に就職して将来を安定させたい為の努力なのかでまた違ってくるのではないでしょうか。

将来を安定させたいという思いの元に良い会社に就職するという選択肢があるだけで、良い会社に就職する事が出来なければ将来は安定しないのかと言えばそうでも無いかと思います。(なんのために働くのか

そもそも安定したものを求める事は何かしらの変化が起こった時に、それに対応する事が出来なくて困惑してしまうことにも繋がるかと思いますので、安定を求めるのであれば変化に対応出来るような考え方をすることも大切な事なのではないでしょうか。

自分の努力がどこへ向かっているのか、本当に望んでいることは何なのかという事を考える事は、努力は必ず報われるのかという事を考える前に考えておいた方がいいのかもしれません。

【努力は必ず報われる】

努力は必ず報われるという言葉は努力が報われたという思いを感じた人しか心から言葉にする事は出来ません。
そして努力するということは自分のエネルギーをそこに向けて注ぎ続けるという事であり、結果にたどり着くまで諦めないで続けるという事が大切な事になるのではないでしょうか。

ですが頑張りすぎて疲れてしまったり、人生が辛いものとなってしまうのであれば、自分が生きたい人生は本当にその道なのか、その生き方なのかという事も考えてみる事も選択肢の1つではないでしょうか。

自分が本当にやりたいこと、続けることが出来る事があれば、頑張らなければと努力しなくても、やりたいから続けられる、だから結果が出るという好循環になるのではないでしょうか。

頑張らなければいけない、努力しなければいけないと思っている人は、頑張らない生き方について考えてみるのも良いかもしれません。(「頑張らない」という生き方



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク