どうしたらいいのか分からない時に考えたい事

自分が「どうしたらいいのかわからない」と思う時というのは、自分が「どうしたいのか」よりも「どうするべきなのか」「どうすれば正解なのか」という事を考えてしまいがちかと思いますが、人生に対して「どうしたらいいのか分からない」と思うのであれば、そうした「どうすれば正解なのか」「どうするべきなのか」という考えは手放した方が、自分の歩みたい人生を歩む事へと繋がるのではないでしょうか。

どうしたらいいのか分からない、という事は、「こうすれば正しい」「この道なら間違いない」と思われるような人生から道を外れてしまいそうな時や、すでに外した時などに、これからの人生に対する不安や、自分が生きたい人生とのギャップに悩んでいるのかと思います。

それが現状からの逃げなのか、自分が本当に歩みたい道へ進む為の決断なのかは本人にしか分からないものですし、その双方が重なっていることもありますよね。

人生に対して「どうしたらいいのか分からない」と思った時に、一番大切にして欲しい想いは「自分がどうしたいのか」という事ですが、どうしたいのかという「選択肢」も、知らなければ思い浮かべる事も出来ませんので、その為の知識を増やすという事も大切な事なのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク


【生き方にルールはない】

例えば、高校を卒業して就職するのか、大学に行くのか、といったことや、就職した、大学に進学したけれど途中で辞めたい理由が出来た時など、これからの自分の人生を大きく左右しそうな「選択」が目の前にある時は、特に「どうしたらいいのか」と思うのではないかと思います。

ですが「どうしたらいい」こともなく、どの選択をしても「自分の選択に責任を持つ」ことを決意するだけでいいのではないでしょうか。

就職したけれど辞めたい、というのであれば「辞める」ことを選択して「後悔」するかもしれない、という想いから「どうすればいいのかわからない」と思っているかもしれませんし、「最低でも3年は働かないといけない」という想いがあり辞めれないと思っているのかもしれません。

どんな想いを持って「どうしたらいいのか」と思っているのかは人それぞれですが、自分が「こうしたい」と思える選択があるのであれば、それを選択する方が良いのではないかと私は思います。

それを躊躇うのであれば、選択肢を増やす為に「知識を増やす」事を考えても良いのではないでしょうか。(知識を増やすということ

【自分はどうしたいのか】

どんな人生を生きたいか、という質問は小学生や中学生の頃の授業で考える時間があったかとは思いますが、「自分はどんな人生を生きたいのか」「どう在りたいのか」という事について今一度考えてみることも「どうしたらいいのかわらかない」という雲を晴らす事にも繋がるのではないでしょうか。

1つ考えておく方が良いかと思う事は、今の自分が「これが最善だ」と思う事は、数年後も「これが最善だ」とはならない、という事です。

時が流れるにつれて、周りの環境、人間関係、法律や市の制度など、全てが変わって行きますし、それは自分の考え方も同じです。

ですので「今、自分がこうしたい」と思った事が、数年後には「違った」と思う事もあるかもしれない、という事ですが、そうした考え方の変化などに対しても「自分の選択に責任を持つ」ことで、後悔しない人生を歩む事へと繋がるのではないでしょうか。(自分の人生に責任を持つ、選択するという事

その選択をしたから今の自分がいる」と、いつでも思えるように、変化に対してプラスに捉える考え方は、どうしたらいいのかわからない時、自分が本当に選択したい事を選択する事が出来るのではないかと思います。

「どうすればいいのかわからない時」は、「自分は本当はどうしたいのか?」を考え、その選択に対して責任を持って生きて行く事で、自分が本当に生きたい人生を生きる事が出来るのではないでしょうか。(覚悟を決めると人生は変わる



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク