「頑張らない」という生き方

人生を変えたい、有名になりたい、お金持ちになりたい、モテモテになりたい、世界を変えたい。
そう思って頑張っても上手く行かない、途中で挫折してしまうという人は、
頑張らない生き方を実践すると案外上手く行くかもしれません。

頑張らくても人生が変わるのか?という疑問があるかもしれませんが
頑張らない方が人生は上手く行く、変化を掴めると私は思います。

頑張らない事と変化を望まない事は違いますし
頑張らないからといって、それは「何もしない」という事でもありません。

頑張らないでも人生は上手く行くというのは
頑張らなければ人生は変わらない」という観念を
まずは捨てることから始まるのではないでしょうか。(固定観念を捨てる方法

スポンサー ドリンク

【頑張らなければ人生は変わらない?】

人生を変えたいと思った時に、頑張ってお金持ちになるとか
頑張って恋人を創るとか、頑張ってブログを書き続けるとか、頑張って人に会い続けるとか

そういった事を考える事があるかと思います。

確かに頑張る事は良い事だと思いますし、そのやる気は評価出来るものです。
そこから行動に繋がる事もあるでしょう。

ですがそうして頑張っている人というのは、どこかで疲れてしまったり
なんでこんなに頑張っているのに結果が出ないんだ」と思う事があります。

なぜでしょうか。

「頑張った分だけ評価される」のは、大人の世界では通じないのかもしれません。

だけど頑張らないと駄目だろう、頑張らないと結果が出ないだろうという人は
「頑張る」という事について、考えてみて欲しいと思います。

人はなぜ頑張るのでしょうか。

頑張った先に在る何か」を掴みたいからですよね。

そこに夢や希望を見出すからこそ頑張れる、練習は嘘をつかないではないですが
頑張った分だけ結果が付いて来ると考えているからこそ

結果が出ていないであろう今に対して「もっと頑張らなければ」と思うのではないでしょうか。

そして頑張れない自分に対してマイナスな感情を持ったり
もっと頑張らなければいけないのに」と落ち込んでしまう。

「頑張る」という事は悪い事ではないはずですが
頑張る事によって疲れてしまうのであれば、頑張る事を辞めてみるという事を
考えてみてはどうでしょうか。

頑張るという言葉を使わないだけでも、その効果は現れるかもしれません。(良い言葉を使うことは、良い人生を創ること

【頑張るのではなく「やる」】

頑張るという言葉を使わないといっても、何と言えばいいのだろうと思うかもしれませんが
頑張るという言葉を使う変わりに、「やる」という言葉を使う事で

頑張る事が出来なかった事や、行動に移すのに「頑張らなければいけなかった」ことも
簡単に行動に移す事が出来る様になるのではないでしょうか。

あなたは「やる」だけでいいんです。

頑張る事というのはとてもエネルギーを使うものです。

「頑張る」という言葉だけで
自分のエネルギーが消耗されていくような気持ちになりませんか?

「頑張らなければいけない」という「しなければ」の思いが
行動へと踏み出す事を躊躇わせる事があるのではないでしょうか。

【頑張らない方が上手く行く理由】

頑張らない方が人生上手く行く、というと
どこかで聞いた事のあるような言葉ですが

これは確かにそうだろうと、私も思います。

頑張らない方が人生は上手く行く、という事や
頑張らない方が夢は叶うという事の理由というのは
いくつか思い浮かびますので、それについて考えてみましょう。

1「頑張る」は「足りない」事へのフォーカスから産まれる思考

まず1つ目に、頑張るという事は「それは難しい事」だというイメージや
頑張らなければ自分には達成出来ない」という思いから来ている、という事です。

このサイトでも散々出てきますが、「足りない事」にフォーカスすると
それが引き寄せられるという事もありますし

「頑張らなければいけない」というのは、自分のセルフイメージが低い事によって
「今の自分では達成出来ない」と思っている。
という事もあるのではないでしょうか。

頑張らない方が人生が上手く行くというのは
「頑張る」という事にフォーカスしない事、焦点を当てない事を指します。

だから「頑張る」という言葉を使うのであれば
「やる」という言葉を使う方がいいと、私は思っています。

2頑張ると続かない

熱しやすく冷めやすい、という人は特に、ですが
頑張りすぎて急降下」する時を体験した経験はありませんか?

頑張っている時というのは、とても楽しいという人もいますし
頑張ってみんなで〇〇を成し遂げるんだ!
というような夢のあるグループにいる人もいるかと思います。

ですが大抵、「頑張る事は続かない」んです。

頑張って何かを続けている人というのは、思い浮かびません。

周りから見れば「頑張っている」ように見える人も
本人からしてみれば「やっているだけ」だという事もあります。

「毎日仕事を頑張ってます」という人もいるかもしれませんが
その仕事も慣れてしまえば頑張る場面というのは少ないものです。

「頑張る状況は続かない」んです。

ですが人生を変えることや、何かを達成したい時というのは
「継続」する事が大切ですよね。

続ける事が大切なのに、頑張ると続かない。
だから「頑張らない方が上手く行く」のではないでしょうか。

3頑張る事が結果に繋がらない

どれだけ頑張ったと自分で思っていても、それが結果に繋がらなければ
「頑張る意味」もありません。

頑張る事によって「結果」が出るのであれば、頑張る事を続けるのもいいかと思いますが
先程も述べているように、頑張る事というのは「続かない」ものです。

そして続かないということは
「結果を出す」という事が出来にくいのではないでしょうか。

頑張らない方が上手く行くというのは、頑張らない方が「続く」からであり
「続く」ことによって、求める結果を出すことが出来る、という事で

それによって、「頑張らない生き方」をする方が
現実を変える事が出来るのではないかと、そういう事です。

頑張っても人生が変わらないという人や、頑張っても夢に近づく気配が無いという人は
「頑張る事を辞める」ことを考え、「どれだけ頑張ったか」ではなく
「どれだけやったか」「結果を出したか」に焦点を当てて考えてみてはいかがでしょうか。(変わりたいのに変われない理由

【頑張らない生き方で生きる】

頑張らない生き方をして、人生を変えるには
「頑張らない」で「やる」という事が大切かと思います。

そしてそれを継続する、続けるということも大切で
「頑張らないから、やらない」という事ではないのです。

「頑張らない生き方」で、自分の望む人生を生きたいと思うのであれば
「頑張る事に焦点を当てない」ことで、望む人生を生きる為の
行動を取る事が容易になるかと思います。

そして、頑張らないで生きる事で、周りの人を気遣う余裕も生まれるでしょうし
頑張らない方が周りを見渡すことが出来るのではないでしょうか。

頑張っている時というのは、それにだけ焦点を当て
本当に大切な事、大切な人、大切な時間を疎かにしてしまうことがありますが
そういった事も踏まへて、頑張らない生き方で生きてみるのも、良いのではないかと思います。(ゆるく生きる方法



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク