頑張りすぎる人へ

頑張りすぎる人というのは、何かに対して一生懸命にやることや、目標に向かって頑張る、ということがとても「良い事」だと捉えている人も多いかと思いますが、そうした思いを持って「もっと頑張らなければいけない」と思ったり「なぜあの人は一緒に頑張ってくれないのだろう」と思ったり、「頑張りすぎる」ことで自分に不足しているものや不満や不安に対して目を向ける事に繋がることもあるのではないでしょうか。

自分がやらなければいけない、必ず達成するんだ、というような使命感に燃えて頑張りすぎていることもあるかと思います。

ですがそうして使命感に燃えて頑張っていると、どこかで燃え尽きてしまう事もあるかと思いますし、特に「誰かの為に頑張らなければいけない」と思いすぎることは、自分を辛くしてしまう事にも繋がるかもしれません。

何かを達成したい、何かを叶えたいと思うのであれば、自分が好きでやっていることや、「頑張っているつもりがない」ことの方が、人生を楽しみながら自分の叶えたい夢や目標を叶える事が出来るのかもしれませんし、頑張らなければ目標が達成出来ないと思うのであれば、気を張って頑張るのではなく、自分に出来ることをやるだけだという気持ちで続けて行く方が、心に余裕が生まれるのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【頑張る理由を考える】

頑張りすぎる人は、一心不乱に頑張ってしまう事もあるかと思いますが、頑張る事が結果に繋がるかと言えばそうとも限らないのではないでしょうか。

頑張る、というより「目標に向かって行動する」という事は確かに必要なことで、頑張ったから何かを達成出来たという事もあるかもしれませんが、それはその頑張りが「目標に繋がっている」からであり、目標に「繋がらない」ことを頑張っても、自分の頑張りは意味を成さないのではないかと思います。

頑張っている自分が好きだったり、頑張る事が好きならそれでも良いかもしれませんが、何の為に自分は頑張っているのかというと、多くの場合はそこに「目的」があるからだと思いますが、その目的が達成されなければ「頑張っても報われない」という事にもなるのではないでしょうか。(努力は必ず報われるのか

自分は何の為に頑張っているのか、という事を突き詰めて考えて行くと、頑張りすぎないでも良いのかもしれないと思う事もあるかもしれません。

【自分がやらなければいけない?】

頑張りすぎる人の中には、仕事に対して自分が頑張らなければ行けない、自分がやらなければいけない、という思いを持つ人も多いかと思います。

「他の人がやらないから」「自分がやらないと回らないから」といった事を思うのであれば、「自分が頑張る」ことで余計に周りの人が「頑張らなくなる」という事もあるという事を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

自分が頑張りすぎる事によって、「あの人がいるから」「あの人がやるから」と思われているとしたら、それは「自分が頑張りすぎる事によって他の人が頑張る事を奪っている」事にも繋がりかねません。

頑張りたいんだと思うのであればそれでも良いのかもしれませんが、「なぜ自分はこんなに頑張らなければいけないのか」と思うのであれば、「頑張らなければいけない」という自分自身の思いを手放す事を考えてみてはいかがでしょうか。(自己犠牲の精神を手放す

【頑張りすぎて辛いなら頑張らなくてもいい】

頑張りすぎてしまう人はなぜ頑張りすぎてしまうのでしょうか。
自分が「頑張り過ぎ」だと思うのであれば、それは考えてみた方がいいのかもしれません。

頑張りすぎることが辛い、疲れる、と感じるのであれば、頑張らない生き方を考えてみた方がいいかもしれませんし、人に頼る事を考えてみるのもいいかもしれません。

引き寄せの法則を出して言うと、自分の中にある「頑張らなければいけない」という思いは「頑張らなければいけない」状況を創り出すことに繋がってしまっているかもしれません。

頑張らなくてもいい、という事が「何もしなくても良い」という事にはなりませんが、頑張りすぎる人は、自分が本当に望む人生はどんなものなのか、という事も考えてみてはいかがでしょうか。(ゆるく生きる方法



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク