変化を恐れずに行動するには?

変わる事が何よりも恐いという人が居ます。
自分が今居る場所が一番安全であると、そう考えることは
恒常性維持機能の働きによるものだという事が言われていますし
私自身も言うことはありますが

現実は「変われない」「変わらない」「変わるのが恐い」というだけで
そういうものが働いているんだと理解することで
「そーなんだなぁ」「働いてるなぁ」と思うだけです。

それで恐れが軽減されることはあると思いますので
行動に結びつく事もあるかもしれませんが

変化を恐れずに行動する為には、どうすればいいのでしょうか。

スポンサー ドリンク

【恐れの正体を知る】

あなたが変わろうと思っても変われない理由、行動出来ない理由は何でしょうか。
あなたは何に抵抗を感じ、何が変わる事を恐れていますか?(固定観念を捨てる方法

人に否定されることが恐いですか?
人間関係が変わる事や、仲の良い友達が離れて行くのが恐いですか?

自分が変わってしまうのが恐いですか?
今までの自分の考え方や行動を否定することが恐いですか?

人と違う事が恐いですか?
あなたは誰かと同じ、多くの人と同じ意見でないと安心出来ないのですか?

失敗するのが恐いですか?
それとも、その失敗の先にあるものが恐いのですか?

恐いと思っている事が多ければ多い程、自分の行動に制限が掛かりますが
それは本当にあなたが思っている程恐いものでしょうか。

【変わるという事】

変わるのが恐いという言葉は、今までの人生から大きく変わる時に使われるかと思います。

人は常に変化しているのに、変わるのが恐いということは
今までの変化よりも大きな変化、自分の人生が変わるようなことに対しての変化に
大きな不安、恐れを持っているからではないかと思います。

例えば会社を辞めて独立するという変化は
自分の生き方が大きく変わることですし(会社に依存する事のデメリット

長年連れ添って来たパートナーと離れるという変化も
「どうなるのだろう」という不安が過るかと思います。

先が見えない、分からない、体験した事が無いようなことに対して
不安や恐れが出て来て、その不安なことや恐れる事を体験するぐらいなら
今のままでいいと「変わらない事」を選んでしまうのではないでしょうか。

【小さなことから行動に移す】

恐いと思って行動しなければ結局なにも変わりません。
恐いと思いながらも行動することで、行動した後に「そんなに恐くなかった」と思える事もありますし
行動した後のあなたの現実が、今までのものとはまた違うものにもなりますよね。

車を運転するのも初めは恐いかもしれません。
ですが知識を身につけ、運転することを実践していくことで
なんの恐れも無く車の運転が出来るようになりますし

一歩ずつ踏み出す事であなたの恐れは消えて行くかと思います。

そして車を運転出来る様になれば
あなたの現実に「車でドライブする、どこかへ行く」という選択肢が増える事になりますので
今までの生活とまた違う人生を送る事が出来ますよね。(自分の人生に責任を持つ、選択するという事

あなたが恐れを伴う変化を望む場合は、その一歩を踏み出す事に躊躇するかもしれませんが
その一歩を踏み出した先にいる人達と一緒に行動することや
そういった変化を体験した人の話を聞いたりすることで
そんなに恐れる事はなく、行動することが出来る様になるかもしれません。



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク