人と関わりたくないと思った時に考える事

人と関わる事に疲れたり、人と関わる事で辛い思いをしたり、「人と関わりたくないと思っても関わらなければいけない時」というのは多いのではないでしょうか。

出来る事なら関わりたい人とだけ関わって生きて行く事を選択出来れば一番良いのかもしれませんが、それが出来ない状況、例えば仕事の関係であったり、子供の親との関係であったり、周りの友人の関係などで「関わりたくないけど関わらなければいけない」場合に、「人と関わりたくない理由」などについて考えておく事で、人と関わる事に対して思い悩む事が少なくなるのではないかと思います。

スポンサー ドリンク


【なぜ人と関わりたくないのか】

人と関わりたくない、そう思う事は誰しもあるかと思いますが、なぜ人と関わりたくないと思うのか、について考えてみましょう。

人と関わる事で自分が疲れたり、辛い思いをしたりするのは、批判されることを怖れて自分の意見を言えなかったり、誰かの機嫌を取る事や、雰囲気が悪くならないように気を使わなければいけなかったり、人が関わって来ることによって「自分が出せない」と思う事や、多くの人に紛れていると疎外感を感じたり、劣等感を感じたりして「孤独を味わう」からかもしれません。

そうした「自分が出せない」ことや「孤独を味わう」ことに対して嫌だと思う事から、そうなる原因となる「人と関わる」ということ自体を辞めたいと思うのではないでしょうか。(人に期待しない生き方

【人と関わりたくないと思ったら】

人と関わりたくないと思ったとしても、関わらなければいけない場合に考えておくと人間関係が楽になることがいくつかあります。

・相手の価値観を受け入れる

人間関係が疲れるのは、相手との価値観の違いからくるものが多いのではないでしょうか。

「この人はなんでこうなんだろう」と思うような事があったとしても、その人にはその人の価値観、考え方があるのだと思う事によって、相手の事を考えすぎて気を使いすぎるという事も無くなるのではないかと思います。

自分の価値観が正しいと誰もが思っているかと思いますが、それを押し付けあう事によって人間関係が良くなる事はありません。

自分の価値観も大切にしながら、相手の価値観についても「そういう考え方もあるのか」と受け入れる事で、人と関わるのが少し楽になるのではないでしょうか。(他人と過去は変えられない?

・少しでも自分の意見を言う

人と関わることで自分の意見が言えずにしんどい思いをするのであれば、少しでも自分の意見を言う様にしてみる事で、相手の人にも「自分がどう考えているのか」という事について気づいてもらえる事もあります。

「本当はこう思っている」という事を、伝える事が出来る相手が居れば味方になってくれることもあるかと思いますし、それによって人と関わることで自分の意見を押し込め過ぎる事もなくなるのではないでしょうか。

・人にどう見られるかを気にしすぎない

人にどう見られるのかを気にしすぎると、自分が出せずにしんどい思いをしてしまう事に繋がるかと思いますが、多くの人は、自分の思っているほど自分を見てはいないものですので、それほど気にする事は無いのではないでしょうか。

良い人だと思われたい、人から好かれたい、認められたいなどといった思いが在れば、人にどう見られるかを気にしてしまう事が多いかもしれませんが、人からの評価を気にして生きるのを辞める事に対して目を向けてみること、考えてみることで、人と関わる事が少し楽になるかと思います。(「思い込みが激しい」を治す方法

【好きな人とだけ関わる】

仕事の関係や子供の関係、友人関係などで「関わらなければいけない」という場合は、その場を気楽に過ごす方法について考える事で、人と関わる事が楽になり、必要以上に疲れるという事もなくなるのではないかと思います。

人と関わりたくないと思ったら、「関わらなければいけない」状況を出来る限り少なくしていくことや、人間関係を選択し、周りの人間関係を変える事に目を向けてみるのもいいのではないでしょうか。



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク