自分はこの世に必要ない人間だと思いますか?

あなたはこの世に必要のない人間でしょうか。
自分には価値がない、生きている意味が無い、必要とされていない。

そういったことを考えてしまいますか?

どうすれば必要とされるのか?

どうすれば自分の生きている意味が見出せるのか…

もっと幸せに生きたい、もっと必要とされたいと思いますか?

スポンサー ドリンク

今回の記事のタイトルは「自分はこの世に必要ない人間だと思いますか?

ですが

・生きている意味なんて無い

・自分が居なくても変わりはいる

・誰も自分を必要としていない

という考えを持っている方は、自分は必要ない人間だという
自己否定をよくしてしまいます。

私もよく自己否定していましたし、悪い事ではないと思っています。

そういう経験をして来たからこそ今の自分がある、とも思います。

ですが自分を否定する事はとても悲しいことですよね。
自分は生きている意味が無いという思いは
とても寂しさを覚えるのではないかと思います。

この自己否定的な考えを変えるには、どうすればいいかですが

まず生きている意味が無いという考えに対して私が思うのは

生きている意味なんて無いし、無くても良い
です。

生きている意味なんて無いのに自分が生きている意味を
頑張って探そうとするから疲れるのです。

生きてる意味なんてなくていいんです。

少なくとも私はそう思います。

生きている意味が無いなら生きていても仕方ないと思いますか?
私はそうは思いません。

自分が生きている意味が欲しいですか?

生きている意味があれば、生きていてもいいと思えるからか
人は生きている意味を探してしまいます。

それは私も同じです。

生きている意味があると思える方が
「生きている事に自信を持つ」ことが出来ますよね。

ですが

生きている意味=思い込み

だと私は思います。

私は生きている意味を見出す為に親友を使いました。

「親友の為に生きている」と
思い込んでいました。

親友の為に生きていれば、親友が私を必要としてくれる
親友も私が必要とすることで、それが生きている意味になる。

同じ様な境遇の人は
私のように親友に対してでなく
恋人に対してだ、と思う人も多いかもしれません。

私は親友に必要とされようと思い
親友を必要とした訳ですが、考えてみると酷いですね(笑

親友=自分の生きている意味

だった私は、親友を失ってしまうと生きている意味を失いますよね

まぁ失った訳ですが…笑

もしこれが、例えば彼氏だったとすれば
「彼氏に別れを告げられて生きている意味がわからなくなった」
という事も起こり得ますし

現実に、多くの人の身に起こっていることかと思います。

子供を育てている親御さんだとすれば
この子を育てる為に自分は生きている、と思われるかもしれないですが
それが行き過ぎると子供に依存してしまうことにも繋がります。

大切な人は大切な人として、依存せずに大切に関係を築いて欲しいと思います。

そんな過去でしたが、最近では
特に生きている意味を考える事は無くなりましたし

自分の好きな事をする、やりたいと思った事をやってみるぐらいの気持ちで生きています。(ゆるく生きる方法

次に自分が居なくても変わりはいるという考え方ですが

これは誰かに必要とされたいが為に思ってしまう考えだと思います。

なので誰も自分を必要としていないという事にも
関ります。

自分が居なくても変わりは居る、さらに言えば自分がいなくても地球は回る
とか考えていた私はとても寂しい気持ちになったのを覚えています。

でも自分が居なくても変わりは居るし、自分が居なくても地球は回るのです

さらに言えば誰も自分を必要としていないという考えに対しても

誰も自分を必要としていないと思います

必要とされたい、認めて欲しい、受け入れて欲しいという思いは
自分が自分を認めてあげること、受け入れてあげる事で解消されていくのではないかと思います。

受け入れるという事がとても大事で、何故自分は必要とされないんだろう
と延々と考えていても、必要とされてない理由ばかりが浮かびますよね。

だからどんどん気分は落ちて憂鬱になり「あぁ、自分はいらない人間だ」
という思いがあなたの頭を巡ります。

その考えを続けている限り、自分に足りないもの
自分が必要とされない理由ばかりを考えてしまいます。

人間、本当に生きている意味なんて元々ないし、自分が居なくても変わりは居る。

自分が居なくても地球は回るし誰も自分を本当に必要とはしていない。

そう受け入れてしまいませんか?


本当に
という言葉を足させてもらいました。

生きている意味があると考えている人の生きている意味は、自分で作ったものであって、

本当に
生きている意味はない。

自分を必要としてくれている人の顔は頭浮かぶと思います。ただ、本当に必要としている人は1人も居ない。

本当にあなたを必要としている、という状況は盲目状態だと私は思います。

必要とされると嬉しいですが必要とされすぎると息苦しいです。

必要とされすぎるという現実は相手は貴方の事を考えている訳ではなく

自分の事ばかり考えている状態だと思います。

私が親友をとてつもなく必要としていたのは、親友のことが大好きだったからではありません。

自分を必要として欲しかったからです。
必要としてくれるから大好きだったんです。
それは恋愛でも言えるのではないかと思いますが

そう気づいた時はとてもショックでした。

自分の事しか考えていない自分に気づき恥ずかしくなりました。(自分が嫌いな人はいない

ですがそうして気づけた事は、とても良かったと思っています。

気づく、そして受け入れるという事。
自分の人生にあてはめて考えてみて欲しいと思います。

前回の記事でも述べていますが、私の発言に共感出来る人もいれば
出来ない人もいるかと思います。

どちらが良いとか悪いとかではないですし
今までの経験や、知っている事の違いによって生まれる価値観の違いなので
私の価値観と合わない方には、このブログは何の役にも立たないかもしれませんし
むしろ不快感を覚えるかもしれません。

反対に、私と似た経験をしていたり、同じような考えをしていると思われた方には
このブログが少しでも役に立てばと思っています。

そういう方が調べて来てくれたりするので、興味のある方の方がサイトに訪れるのは多いかと思います。

もしこのブログから、何かしらの気づきや学びがあれば
それを人生に取り入れてもらえればと思います。

これは私のブログに限った事ではなく、日常的に行われている会話や
読んだ本の内容でも、なんでもですが
自分が良いと思ったもに、考え方を取り入れようという気持ちは、とても大切だと思います。(依存体質を治して自分の人生を生きる方法



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク