「優しい人になりたい人」が考えるべき「本当の優しさ」

「優しくなりたい」「優しい人になりたい」と思う事や
「人に優しくありたい」と思う事は素敵なことですが
本当の優しさというのを考える事も大切な事かと思います。

その優しさというのは、本当に「相手の為である」と思えるでしょうか。
それとも自分の為に「優しい人になりたい」と思うのでしょうか。

優しい人というと、誰に対しても笑顔で、相手を否定することなく
自分の意見より他人の意見を尊重し、相手が喜ぶように気を使い
見返りを求めずに「与える」ことをしている、というようなイメージがあり

「優しい人になりたい」と思う人は
自分は「優しくない」と思ったり、「もっと人に優しく接しなければ」とか
「人を傷つけてしまった」と思うのかもしれません。

ですが一般的に優しいと言われる人や、気を使ってると言われる人は
相手の為を思っている訳でもなく、自分の安全を守っているという場合もあります。

それは「人に優しくする」ことによって「自分の立場を守る」ということですが

例えば自分の意見を言わないで人の意見に合わせるような優しい人は
自分の意見を言う事で反感を買うのが怖い」のかもしれませんし
「仲間はずれにされる」のが怖いのかもしれません。

では、「本当に優しい人」とは
本当に相手の事だけを考えて生きているのでしょうか。

そういったことについて考えてみたいと思います。

スポンサー ドリンク

【「断れない」という優しさ】

何かに誘われた時に断れない、何かを頼まれたら断れないというのは
優しい人の特徴でしょうか?

例えば「この仕事も手伝って欲しい」と言われた時に
自分の仕事で手一杯でも手伝ったり

「この商品も一緒にいかがですか?」と言われれば
特に使わなさそうでも断ることが出来なかったり

そういった「断れない人」というのは「優しい人」というイメージがあります。

断ったら相手が可哀想だ」と思うのでしょうか。

断って嫌な顔をされるのが怖い」と思うのでしょうか。

それは人によって違うかと思いますが
断れないということは「優しい人」の特徴であるように思えます。

ですが断る事の方が「相手の為である」と言える場合もあります。

例えばですが、「この商品も一緒にいかがですか?」と言われれば
「必要ないです」とあなたが断ることによって

その商品が本当に良いものだと、相手が思っていれば
もっとこの商品の魅力を伝える為にはどうすればいいのか?
ということを考えるキッカケとなり

それによって相手の成長に繋がる、ということもあります。(言いたい事が言える自分になる為に

そういったことが「本当の優しさ」であると言えるのではないかと私は思います。

【「相手の為」という優しさ】

「優しい人」というのは「相手の為を思っている人」であり
「相手を思いやる方法」というのは人によって違います。

ですので「どれが本当の優しさなのか」というのは
結局自分次第だということですが

自分が相手を思って行動する」ことが、あなたにとっての「優しさ」であり

その行動を取って「相手にどう思われるか」を考えてしまうと
本当の優しさ」からは遠ざかるのではないでしょうか。

相手にどう思われるか、を考えるということは
その行動を取る事によって、相手に「自分が」どう思われるか
ということに焦点を当ててしまうことになります。

それでは「相手の為」ではなく「自分の為」の行動であり

見返りを求めて行動してしまうことに繋がります。

見返りを求めるということは「優しくしたから優しくして」ということや
極端に言えば「愛してるから愛して」というような事になってしまいます。

自分の事、自分の安全を考える事は自然な事なのですが
「優しい人になりたい」と思うのであれば

そういった「自分がどう思われるのか」という執着は
出来るだけ手放していくことで、より相手の為を思うことが出来るのではないでしょうか。(手放す事で執着をなくす

【本当の優しさは自分本位で良い】

「優しい人になりたい」という思いには
優しい人になれば人から良く思われる」という思いが混じっている事があります。

かといってそれは悪い事ではなく、そうした「優しい人」がいることによって
日本はこんなに優しい人で溢れているのではないかと思います。

「優しい人になりたい」とあなたが思うのであれば
今、優しい人で在る」という事に焦点を当てると良いのではないかと思います。

「優しい人になりたい」という思いは「優しい人ではない自分」に
焦点を当てるということになります。

そうではなく、自分の持っている優しさ、相手への思いやりに目を向け
「いま、優しい人である」こと「相手を思いやること」を習慣にすることで

「本当に優しい人」「本当に相手の事を思いやれる人」
で在る事が出来るのではないでしょうか。

現実の受け取り方は人それぞれであり、あなたが「相手の為」だと思い行動した事で
相手がそれを受け取る事が出来ない、冷たい人だと思われる、ということもあります。

ですがそれは相手の自由であり、あなたが相手の為を思い行動したことに変わりはありません。

それを相手に「理解してもらう」ということをする必要はなく
あなたが「相手の為」だと思っていれば、それで良いのではないかと思います。

「優しい人になりたい」と思うのであれば
「自分がどう思われるか」という思いを手放し

「相手の為になる」と自分が思う行動を取ることしか
私たちには出来ないのではないでしょうか。(見返りを求めずに生きる方法



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク