一度きりの人生をどう生きるのか

人生は一度きりです、その一度きりの人生をどう生きるのか、ということについて考えることで、これからの人生をが大きく変わるかもしれません。

人生は一度きりだと言っても、その一度きりの人生を出来るだけ長く平穏に生きたいと思う人が多い為、若い内から老後の為の貯金をしたり、保険に入ったり家を買ったりして「備え」をしている人も多いのではないでしょうか。

ですが、これからの人生というのは、何が起こるかは分からないものです。

病気をしたり怪我をしたり、リストラされたりしてしまうこともあるかもしれません。

そうした時に「もっとやりたい事をやっておけばよかった」と後悔しない為にも、今を出来る限り楽しむことや「変化に対応出来る自分になる」ことを考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサー ドリンク

【今を出来る限り楽しむ】

今を出来る限り楽しむということは、老後の事を考えずに、今を楽しむ為にお金を使い果たす事ではありません。

老後の為に貯金することも大切だとは思いますが、それに囚われすぎて「不安や心配ばかりして生きている」のであれば、その不安や心配を少し手放し、今に目を向けて「あるものに感謝する」こと、「今を味わう」ということを考えてみてはいかがでしょうか。

もし、この先の人生が不安で心配で、貯金がないと安心出来ないというのであれば

貯金があっても安心ではないということ、安心というのは自分の心が作るものだということを考えてみることも、必要かと思います。(変化を恐れずに行動するには?

【変化に対応出来る自分になる】

これから先に何が起こるのかということが分からないなら、何があっても「自分なら大丈夫だ」と思えるような自分になることを考えてみるのもいいのではないでしょうか。

「心配事が起こらない」ことを願うよりも、「心配事が起こっても対応できる自分」になることで、一度きりの人生を謳歌することができるのではないかと思います。

「何かあったらどうしょう」と考えるのは「自分を守るため」には確かに必要なことかもしれませんが、そればかりを考えていれば「人生を楽しむ」ということは出来ませんよね。(自分の人生を楽しむ為に大切なこと

人生の多くの時間を心配事に使うのではなく、今を有意義に生きることを考えてみてはいかがでしょうか。

【人生は自分で創る】

一度きりの人生を楽しみたい、好きなことをして生きていきたいと思う人は多いかと思います。

ですがそれを実行に移すことが出来るのは「不安や心配事」よりも「可能性や希望」に目を向けた人ではないでしょうか。

自分の人生は自分で創っていくものですので、一度きりの人生を自分はどんな人生にしたいのか、何に目を向けて生きていくのかを、しっかりと考えてみるのも大切なことではないかと思います。

不安や恐れから行動出来ずにいるのであれば、ほんの少しでも「自分がやりたいと思ったこと」を行動に移してみることから、現実は動き出すのではないでしょうか。

その一歩が積み重なって、人生が大きく変わっていくかと思いますし、その「一歩」が小さくても確実に進んでいるということを意識してみるのも大切なのかもしれません。(継続は力なり



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク