言いたいことが言えない自分を変える方法

言いたい事が言えない自分が嫌になったり、言いたい事が言えなくてストレスが溜まったりするのであれば、言いたい事が言える自分になる方法を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

言いたい事を言う、という事は悪いことではないとは思いますが、自分の事だけを考えて言いたいことを言うことと、思いやりや相手の為を思って言いたいことを言う事は別だということは考えておく方がいいかと思います。

言いたいことが言えない自分を変えることを考えた時、自分のことだけを考えるよりも、きちんと意思を持って、相手に自分の意見を伝えるということを考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサー ドリンク

【言いたいことが言えない理由】

自分の言いたいことが言えない、というのにはいくつか理由があるかと思います。

例えば、言いたいことを言うことで相手を傷つけるかもしれないから言えない。

言いたいことを言うことで、自分がワガママだとか自己主張が激しいとか思われたくないから言えない。

言いたいことを言うことで、今までの人間関係が崩れるかもしれないから言えない。など

言いたいことを言うことで、良くない変化が起こるかもしれないという怖れから、人は言いたいことを言えないのではないでしょうか。

ですが言いたいことを言えないままだと、自分にストレスが溜まってしまうかと思いますので、どうすればいいのかと悩みますよね。

【言いたいことを言わないのは優しさか】

言いたいことを言えるようになるには、考え方を変えること、新しい考え方を知るというのも良いのではないでしょうか。

言いたいことが言えない人は、言いたいことが言えない方が正しい、優しい人だ、言いたいことが言えない方が良いのだと思っている事が多いかと思います。

そして反対に、言いたいことが言える人は、言いたいことは言った方が良い、言いたいことを言う方が思いやりがあると思っているのではないでしょうか。

言いたいことを言うことが、自分の為にも相手の為にもなると思っていれば、言いたいことが言えないと悩むことは少ないかもしれません。(「優しい人になりたい人」が考えるべき「本当の優しさ」

あなたの周りに、言いたいことを言っているのに友達が多い人がいれば、なぜ言いたいことが言えるのか?聞いてみるのも良いかもしれませんね。


【言いたいことを言う方が良い時もあると知る】

では言いたいことを言う方が良い、ということについて考えてみたいと思います。

例えば、会社で陰口ばかり言っている人がいるとして、その人に対して『愚痴ばかり言うのやめた方が良いよ』と言えれば良いのですが、そうすると反抗されるかもしれない、次は自分の陰口ばかり言われるかもしれないと思うと、何も言わずに話を聞いている方が良いと思うかもしれません。

そしてそう思うのであれば、言いたいことを言わない方が良いと自分で選択している事になってしまいますよね。

それでは現実は望む方向へは変わりませんし、相手も自分も変わりません。

本当に相手の為を思うなら、きちんと思ったことを伝えた方が良いと思えるのではないでしょうか。

人が怖れから動く時というのは、消極的になり望まない結果を引き寄せてしまうことに繋がります。(望まないものに焦点を当てるのを辞める

現実を自分の望む方向へ向かわせる行動というのは、変化を怖れずに自分が良いと思い取った行動が多いのではないでしょうか。

【言いたいことを言いたい理由】

言いたいことを言う事が出来ればストレスもたまらないのに、と思う人は、愚痴や文句、不満に思うことばかりを考えているかもしれません。

ですがそれでは言いたいことが言えたとしてもただの自己満足、自分の為だけの行動なのではないでしょうか。

言いたいことを言える自分になりたいと思った時、その言いたいことというのは相手も自分も良い方向へと向かうと思えることなのかどうか、自分に問いましょう。

そしてその答えがYesならば、言いたいことを言う事で、現実はより自分の望む方向へと向かうのではないでしょうか。(肩の力を抜く方法

言いたい事を言える自分になれたら、どんな人生になると思いますか?



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク