言いたい事が言える自分になる為に

あなたは自分の意見をはっきりと言えるでしょうか。
相手の顔色を伺って、自分の意見を言えずにいませんか?

今日は言いたい事が言える自分になる為にどうすればいいか、という事について
お話していこうと思います。

スポンサー ドリンク

自分の意見がなかなか言えない人は、人の目を気にしたり

自分の意見は間違ってるんじゃないかとか思ったり

そういう雰囲気だったから…とかで流されてしまったりします。

私も元々、なかなか自分の意見を言えなかったので、美容院に行く事や

デパートなどの接客される場所に行く事が苦手でした。

美容院では、こういう感じにして欲しいという画像などは持って行くものの

それ以降の美容師さんの「ここはどうしますか?」とか

「こういう風にするならこうした方が良いですよ」みたいな

自分の想定していない会話が出た時、自分ではどうしたら良いかわからずに

「じゃあ、それで…」というような会話が多く(笑

デパートなどの接客は、基本的にセールスというか

お客さんの求めているものを探し提供する事に徹している感じがあり

「どういったものをお求めですか?」と言われたりすると

会釈してその場から逃げるように他のコーナーへ行ったりして

見てるだけが申し訳なかったり、沢山質問したい事があるのに

それは迷惑だと考えて出来なかったりしていました。

他にもネットワークビジネスと呼ばれるMLM、連鎖販売取引の勧誘なども

沢山受けて来たので今は、色んな人が居て色んなグループがあるのが分かりますが

昔は流されてよくわからないセミナーに行ったりしていました。

というような事などもあったのですが、自分の意見を言えない事で

自分の望んでいない現実を引寄せてしまっていることに気づかなかったんですね。

自分の意見を言えない、言わないという事に

どんなブロック、固定概念があるのかを見て行くと

人に迷惑をかけてはいけないという事が大きいのかなと思います。(人に迷惑をかけない生き方を選びますか?-

しかしその人にとってそれが迷惑かどうかというのはその人にしか分からないし

むしろ自分の意見を言った方が、その人にとって有り難い場合が多いです。

もしその美容院で自分の意見を言えない事によって、あなたがあまり

満足せずに帰ってしまうと、その美容師さんに申し訳ないです。

それはその美容師さんにとっては、あなたが望む髪型にする事で、あなたが喜ぶ事が

一番嬉しい事だと思うからです。

もし自分が友人を家に招き、お菓子と紅茶を出して楽しくお喋りしてその日は終わり

後日、その友人は紅茶が苦手だという事を他の友人との会話で知ったとすれば

なぜその時に言ってくれなかったのかと悲しくなりますよね?

その人に迷惑をかけてはいけないという思いから発言出来ないという事は

自分にとっても相手にとっても良い事ではないんです。

自分の意見を言わない事が、悪い事だと言うつもりはありませんし

自分の意見を言う事と、ワガママはまた違うと思いますが

自分の意見を言う方が相手の為にもなるし、自分自身の為にもなるのではないかと私は思います。



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。


スポンサー ドリンク