生きづらいと感じる人へ

「なんだか生きづらい」と感じる人は、人との距離感が上手く掴めなかったり、周りの人を気にしすぎたりしてしまうのかもしれませんが

そうした「生きづらさ」を軽くするためには、自分が生きやすい環境を自分で作っていく、ということを考えてみるのが良いかもしれません。

生きづらさを感じるということは、今の環境、例えば職場の環境や人との関係で「自分に合わないこと」をしていたり、「考え方が合わない人と一緒にいる」のではないでしょうか。

「生きづらさを感じる」ということは、「何かを変えて欲しい」という心のサインかもしれませんね。

スポンサー ドリンク

【自分に合わない環境にいる】

自分に合わない環境にいれば、自分の苦手なことや好きではないことに多くの時間を使うこととなり、心に負担をかけてしまうのではないでしょうか。

自分に合わない環境にいると思うのであれば、自分はどんな事なら得意なのか、何が好きなのかということなどを考えてみることから、新しい「生きやすい環境」を選択することに繋がるかと思います。

ですのでまずは「自分が得意な事」「長時間続けていても平気な事」「好きな事」などをリストアップしてみたり、身近な人に聞いてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

【人間関係が合わない】

生きづらさを感じる一番の理由は「人間関係」による事かもしれません。(「人間関係がうまくいかない」を解消する方法

自分と考え方の合わない人に翻弄されたり、自分が頑張っても評価されなかったり、なぜか距離を置かれている気がしたり…

それが職場などになれば、簡単に「縁を切る」ということも出来ずに悩んでいる、ということもあるのではないでしょうか。

そうした時には2つの選択肢があると私は思っています。

1つは「自分の振る舞いを変える」ということ。

今までと同じように振舞っていれば現実は何も変わりませんので、相手を理解することに勤めてみたり、思いやりや感謝の気持ちを持って接してみること。(感謝の気持ちを伝えると、なぜ人生が豊かになるのか

そしてもう1つは「環境を変える」こと。

辞めてしまうということですが、自分の心に負担をかけ続けることで自分の人生が辛いものとなるのであれば、環境を変えることを選択する方がいいかもしれません。

ただ「辛いから辞める」というより「もっと自分に合う場所に行く」という気持ちを持つことが大切かと思います。

現実のマイナスの面に目を向けて生きている以上、幸せに生きるという事は出来ません。

それは自分の現実の「受け取り方」は自分が決めるものだからですね、幸せだと思っても不幸せだと思っても、その現実に幸せも不幸せもなく、ただその現実を自分がどう「受け取ったのか」

それを意識することで、自分が本当にいきたい人生を生きることへと繋がるのではないでしょうか。

【生きやすい環境に目を向ける】

なんだか生きづらいと感じていても、その現実を「変える行動を取る」ことをしていかなければ、現実は何も変わりませんよね。

引き寄せの法則でも言われているように、「望むことに意識を向ける」ことが大切になってくるかと思いますので

「生きづらい」と感じるのであれば、その事に目を向けるよりも、そこにある「感謝できること」や「幸せなこと」に目を向けることを意識してみる事も、現実を変える行動の一つですよね。

もっと自由に生きたい、生きづらさを感じながら生きるのは嫌だと思うなら、自分の人生をどう生きたいのか、どんな人生を生きたいのかを考え、それに向けて一歩ずつでも行動していくことを意識してみてはいかがでしょうか。(一度きりの人生をどう生きるのか



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク