生き方がわからない理由と対処法

生きている意味がわからない、生き方がわからない、なぜ自分は生きているんだろうといった事を考え始めると
出口のない迷路のように、答えを求めてさまよい続けることになりかねません。

ですが、生き方がわからないという悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。

なぜ「生き方がわからない」と思うのか、「生き方を分からなければいけない」と思うのか
それは自分の生き方がわかれば、人生で悩む事無く生きて行ける、自分の本当にやりたい事をして生きて行けると
そう思うからかもしれません。

自分の好きな事をして、やりたいことをやって、夢や目標に向かって行きていれば
「自分の生き方がわからない」とは思わないでしょうし、そういった人は
「どんな生き方をしよう」とは、あまり考えないのかもしれません。

自分の生き方がわからないという人が、夢や目標、やりたいことを見つけて
自分の生き方を見つける事が出来るようになる為に、大切だと思う事をお話しようと思います。

スポンサー ドリンク

【生き方がわからない理由】

生き方がわからない、どうやって生きて行けばいいのかが分からないと思う時は
自分が人生で成し遂げたいことや、自分の好きな事、やりたい事が分からない、思いつかないという時や
夢や目標を持つように促された時、特に思い浮かばなかったりする時ではないでしょうか。

「なんとなく生きている」という人は、案外多いものですし
生き方をわかっている人、というのはそもそも居ないのかもしれません。

生き方を分かっているという事は、その道に沿って歩いて行くという事で
それは敷かれたレールの上を歩くというような事と同様の事ですよね。
それでは生き方を分かっていても、楽しい人生とは言えなさそうです。

夢や目標、やりたい事がある人は、それに向かって行動する事で
一生懸命、楽しんで人生を歩んでいるので、生き方に迷っているという事はなさそうに見えますが
それは「生き方が分かっている」というより、「生きたい道が分かってる」という事ですね。

そう考えると、「生き方が分からない」というのは
生きたい道がわからない、という事なのかもしれません。

【なぜ夢や目標、やりたい事がないのか】

生き方が分からないのが当たり前だとしても、夢や目標、やりたい事というのが見つからなければ
生きたい道が分からないですし、自分の人生を楽しむことや、生きている実感が湧かなかったりするかと思います。

夢や目標がない、やりたい事が見つからないという人は
毎日仕事に多くの時間を使い、夢や目標などといった事を考える事がなくなってしまっていたり

夢や目標を持っても、それを自分に成し遂げられると思えない、自分のセルフイメージが低い事から
そういった事を考える事を辞めてしまったのかもしれません。(セルフイメージを高める方法

そうして月日が過ぎて行き、好きな事やこだわりに対しての感覚が鈍くなり
好きな事、夢や目標が分からない、と思う事になるのではないでしょうか。

人間は慣れてしまう生き物ですので、その生き方に慣れてしまえば、それに対して疑問が湧かなくなるものです。
ですので「生き方がわからない」と思った時は、現実を変えるタイミングなのかもしれません。

人生で「これをやって生きたい!」と思うものが見つかれば、
その夢や目標に向かって人生を歩むことになるので、生き方が分からないと悩む事は少なくなることでしょう。

【夢や目標、やりたいことや好きな事を見つける】

毎日が同じ様な事の繰り返しで、その現実に慣れてしまっているのであれば
夢や目標、やりたいことや好きな事を見つけるのには、少し時間が掛かるかもしれません。

ですがそういったものは、必ず見つかるものですし
自分のアンテナを張り巡らせて、少しでも惹かれる物、興味のあるものを
現実に取り入れて行くことを選択して行きましょう。

少しでも興味が出れば、そこからどんどん膨らむはずです。

興味があるものが見つからないという人は、自分の知らない世界について知ってみる事も
自分の世界を広げる事に繋がりますし、興味のある分野が出て来るのではないでしょうか。

関わりのなかった人と関わってみたり、都会に行ってみたり
自給自足のキャンプに行ってみたり、世界一周してみたり

自分の経験を増やす事に焦点を当ててみると、やりたい事が見つかりやすいかもしれません。(自分の世界を広げる方法

自分でやりたいことが特にない、というのであれば
夢や目標を持っている人を手伝う、応援するという事などから初めるという事も出来ます。

【生き方とは在り方である】

好きな事、やりたいこと、夢や目標。
そういったものを見つける事で、自分の生きたい道、というのは見つかるかと思いますし
自分の生き方に迷う事は少なくなるかと思います。

ですが、夢や目標といったものを叶える為に行動し、叶える事が出来たとすれば
また新たな夢や目標を持って生きて行く、という事になりますよね。

夢や目標、やりたいことや好きな事というのは、生きていれば変わるものです。

その時に、その夢を諦めて、違う道に進むという事を考え、躊躇う事もあるかと思います。

今までと違う事に挑戦したい、もっとこうした方がいいかもしれない。
でも今まで積み上げて来たものが無くなったら…と考える時期もあるかもしれません。

そういった時に、大切なのは自分の「在り方」を決めておく事だと私は思っています。

自分の在り方というのは、自分の好きな事、やりたい事などに依存しない考え方であり
本当に「生き方」そのものと言える事だと思います。

「生き方」と「生きたい道」とは違うものです。
生き方を決める為には、自分の在り方を決めるという事が重要な要素になるのではないでしょうか。

生き方はわからないものだという事をお話しましたが
生き方、在り方は分かるものではなく、「自分がどう在りたいのか」
「どう生きたいのか」という事かと思います。

自分の生きる道、生き方や在り方を、最初から決められて生きているのであれば
人生はとても「つまらないもの」になるのではないでしょうか。

それを見つけながら、自分で決めながら生きること
そしてそれを楽しみながら、その道を歩んで行く事が大切なのだと私は思います。(
人生の目的の見つけ方

【生き方は他の誰でもなく、自分で決めるもの】

自分の生き方というのは自分で決めれるものですし、自分で決めるものですよね。

誰かに「あなたはこう生きなさい」と言われたから、そう生きる
というものではないはずです。

占いなどに行って、アドバイスを貰う事はあるかもしれませんが
それを取り入れるかどうかを決めるのも、最終的にはあなたが決める事です。

自分はどう在りたいのか、どう生きたいのか、それは頭で考えて答えが出て来ることもあれば
ふとした時に「これだ」と思うものがある事もあります。

自分の生き方が分からないからといって、焦る必要はありませんし
分からないなら分からないで、今を楽しむこと、今を味わう事に焦点を当ててみてはいかがでしょうか。(「いまここ」に生きる



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク