生きるのが辛い人へ

生きるのが辛いと思ったときは、生きるのを辞める事を考えてしまう事もあるかもしれません。ですが生きるのが辛いと感じるのであれば、それは人生を大きく変えるキッカケともなり得るのではないでしょうか。

多くの場合、「生きるのが辛い」という現実を創っているのは自分だということを受け入れることは難しいものです。

誰だって自分で不幸を望んでいる、不幸を招いているとは思いませんし、そう思ったとしても「なぜ不幸を望んでいるのか」と考えることは少ないのかもしれせん。

わたしの場合は「自分は産まれてこない方が良かったんだ」「なんの為に産まれてきたんだろう」「誰も自分を必要としていない」という思いから「自分は幸せになってはいけない」と思う出来事があったり、「なぜこんなに人生は辛いんだろう」と思っていました。

ですがそれをずっと考えていた、望んでいたのは自分であり、そう気づいた時から少しずつ私の生き方は変わっていきました。

人生は自分の生きたいように生きることが出来るんだ」と気づいたことが大きかったと感じます。

もし「生きるのが辛い」と思うのであれば、その思いはこれからの人生に繋がるのだということを考えて貰えれば、と思います。

あなたが本当に生きたい人生は、もうすぐそこに見えているかもしれません。

スポンサー ドリンク

【孤独を感じる】

自分は結局1人なんだ、誰も自分を必要としてはいないというような思いを持ちながら生きることは「人と距離を置く」ことや「人を信頼しない」「自分は孤独だ」ということを選択しているということになるかと思います。

こうして見ると、人と距離を置いている人や、人を信頼していない人が「孤独を感じる」のは分かりやすいかもしれません。
人と距離を置いている人を見れば「話しかけない方がいいのかな」と周りの人も思うのではないでしょうか。

自分が孤独を感じるのは「自分が選択した結果」ですが、人と関わることで自分が傷つけられたと思う出来事を経験して、悲しみや辛さを感じた人が自分を守るために選択する道なのではないかと思います。

ですので孤独を感じるのが辛いと思うのであれば、まずは誰かに心を開くことを考えてみてはいかがでしょうか。

【仕事が辛い】

仕事をするのが辛いと感じていれば、人生の多くの時間を「辛い時間」として過ごすことになるかと思いますが、仕事が辛くて生きるのが辛いと思うのであれば、いっそ仕事を辞めてみるのも1つの選択肢かと思います。(仕事を辞めたいと思ったら考える事

仕事が辛いというのは多くの場合は人間関係によるものかと思いますので、人間関係について学んでみるのもいいかもしれません。

今どんな人生を送っているにしても、その人生をそのまま続けるのか、何かしらを変えていくのかは自分の選択次第なのですが、変わりたいと言いながらも変わらないことを望んでいる人というのは多いのではないでしょうか。

生きるのが辛いなら、一先ず気を楽に持てるように環境を変えることを考えてもいいかと思います。(気楽に生きる方法

【辛いことを知る事で幸せを知る】

人の人生というのは最初から幸せだけで満ちているものではないかと思います。
多くの場合は辛い事、悲しいこと、思い通りにいかないことを経験してきた後に「幸せを感じる」事が出来るのではないでしょうか。

そう考えると「不幸な時期」があったからこそ幸せに生きる事が出来るのかと思いますし、今人生が辛いと思うのは「幸せに生きる為に必要な経験」なのかもしれません。

そして、そこからさらに「不幸せ」を選択するのか、それとも「幸せ」を選択するのかは、あなたの選択に委ねられているのではないでしょうか。(幸せな生き方を見つけよう



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク