「生きる意味が分からない」と考え続けてしまう人へ

「生きる意味が分からない」「自分は何の為に生きてるんだろう」というような事は、誰でも一度は考えた事があるのではないかと思いますが、多くの場合その答えにたどり着くことなく、あやふやなまま時が過ぎて行くのではないでしょうか。

「自分が生きている意味なんてない」と思い、「生きてる意味がないなら生きてても仕方ない」と思う事もありましたし、このまま消えてしまいたいと思っていた事もありますが、「生きる意味が分からない」からといって、そこまで思う必要もなかったなと、今では思います。

「生きる意味が分からない」と考え続けてしまう人や、生きる意味が分からない事で人生が楽しくない人は、「生きる意味」について、「分からない」と思うのではなく、少し視点を変えて考えてみるのもいいかもしれません。

スポンサー ドリンク

【生きる意味はない】

過去の記事をみれば「生きる意味はない」という事は何度か言っているかと思いますが、私は今も「生きる意味はない」という前提で生きています。

ですが生きる意味がないからといって、生きたくない人生を生きる事はもう辞めました。

私がずっと長い間、生きる意味を探していたのは「生きていて良いと思いたいから」で「自分の存在に理由が欲しいから」であると気づいてから、考え方は徐々に代わり、他の出来事も色々合わさってますが「生きる意味はないけど、生きてるから自分が生きたい人生を生きよう」と思えるようになりました。(自分を許す方法

生きる意味が分からないと悩み続けていても「自分の生きたい人生は生きれない」のではないでしょうか。

誰かに必要とされなくても、生きる意味が見つからなくても、生きているなら生きればいいと私は思いますが、あなたはどう思うのでしょうか?

【生きる意味を創る】

どうしても生きる意味が欲しいというのであれば「生きる意味」「生きる理由」を創る、というのも選択肢として考えられます。

ですがここで「誰かの為だけに生きる」ことを選択する場合は、少し考えた方が良いのは「誰かの為に生きても、それが相手の為になるかは分からない」という事、誰かの幸せは誰かの感じることで、自分が「相手の為に」と思い行動した事で「相手が喜ばない」こともあるということ。

自分が幸せを感じるか不幸を感じるかは自分次第であるのと同じ様に、誰かが幸せを感じるのも不幸を感じるのもその人次第、という事になるのではないでしょうか。(他人と過去は変えられない?

「生きる意味を創る」ときには「誰かの為に生きる」よりも、まずは「自分の為に生きる」ことを前提とした方が良いのかもしれません。

自分がそうしたいから、誰かの為に生きるのであれば、その選択の責任は自分にある事になるかと思いますし、自分の人生に責任を持って生きて行く事を考えなければ、誰かに人生を左右されて生きて行くことになるのではないでしょうか。

生きる意味がわからないと悩み続けてしまう人は「悩み続ける」ことを選択しているという事に気づき、自分が生きたいように生きる事を選択してみてはいかがでしょうか。(望まないものに焦点を当てるのを辞める



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク