生きてる実感がないと思ったら考えたいこと

生きてる実感がないと感じる時というのは、楽しいことや辛い事などによって感情の波がない時に感じる思いかもしれませんが、生きているという事は人によって「呼吸している事」なのか「行動している事」なのか、はたまた「好きな事をしている事」なのかなどは様々かと思います。

生きるとは呼吸する事ではない、行動することだ、という名言もありますが、まさに「自分は呼吸しているだけで生きていない」ような思いを持っているのかもしれません。

ですがそれについて悩むということは「人生をもっと楽しみたい」「生きている実感が欲しい」という事かと思いますので、生きている実感を感じる為に出来ることを考えてみるのもいいのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【生きている実感がない理由】

生きている実感がないと感じる理由に多いのは「毎日が同じことの繰り返し」で、まるで自分がロボットにでもなったかのように感情が特に揺さぶられることもなく人生を生きている、というような事かと思います。

例えば結婚して家庭を持つと、会社に勤めて毎日仕事をして帰るか、家で家事と育児をしていることが多いかと思いますが、そうした毎日はどうしても「同じような事の繰り返し」になってしまいます。

周りの人もどんどん家庭を持ち、「遊びに行く」という事が少なくなれば特に、毎日が代わり映えしないものとなってしまうのではないでしょうか。(退屈な毎日を変える方法

そうした「毎日が同じ事の繰り返し」によって「生きている実感がない」と思ったり、「何の為に生きているんだろう」と感じたりするのであれば、「毎日何かしらに目を向ける」ことを意識して生きて行くと、新しい発見や出来事を自分の人生に引き寄せることが出来るのではないでしょうか。

【生きている実感を持つには】

生きている実感がないと思ったり、毎日特に楽しくないと感じたりするのであれば、「その現実は自分が作っている」という事を、まずは理解する事が大切になるかと思います。

私たちは自分の選んだ人生の道を歩んでいますので、今のその道が楽しくない道だとしたら、なぜ自分はその道を歩んでいるのか?と考えてみた時に、周りの人と一緒だから、安定しているから、安心だから、そうした答えが返ってくるのであれば、「自分が本当にやりたいこと」は別にあるのかもしれません。(やりたいことを見つける方法

そしてそうした「自分が本当にやりたいこと」を選択していく事が、生きている実感を持つ事につながるのではないでしょうか。

【自分は何のために生きるのか】

自分は何のために生きるのか、自分の生き甲斐などを見つけることができれば、それに沿った人生を歩むことで、生きている実感を持つことに繋がるかと思います。

自分の人生をどのように生きるのか、という事は案外自分で決められるものですし、決めるからこそ自分の生きたい人生を生きることができますよね。

生きている実感がない毎日を生きることが虚しく感じたり、人生を変えていきたいと思うのであれば、大きく変えようと頑張らなくても、変えられる所から変えていけばいいかと思います。

自分の生きたい人生を生きる為に、今自分に出来ることは何でしょうか。(「いまここ」に生きる



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク