嫌な事を忘れる方法

嫌な事を考えながら生きて行く事は辛いものですが、嫌な事があると、忘れようと思ってもそれについてずっと考えてしまうのではないでしょうか?
嫌な事について考えてしまう人が、嫌な事を忘れる方法を知れば、穏やかな気持ちで生きて行けると思うかもしれませんが

例えば「仕事が嫌だ」とか「あの人にこんな事を言われた」とか

嫌な事はなかなか頭から離れないものですが、それはあなたが危険にさらされないように
頭が勝手に働いているのかもしれません。

昔、友人の彼氏が私に包丁を向けてきた事がありますが
何年経ってもその出来事は、なかなか忘れられないものです。

そしてそれがなかなか忘れられない理由は
私の身にまた同じ事がないようにという自己防衛の反応として、脳が働いているのかもしれません。

スポンサー ドリンク

【嫌だと思う理由】

嫌な事が起こった時、人はなぜそれを「嫌だ」と感じるのでしょうか。

人から悪口を言われる事、自分を否定される事が嫌だと思うのであれば、それはあなたが人から認められたい、理解されたいという思いを持っているからかもしれません。(理解されようとしない

仕事が嫌だと思うのであれば、もっと好きな事をしたいと、本当は思っているのかもしれません(自由になりたい人が自由になれない理由

人が何かに対して「嫌だな」と感じる事は、その人に対して何かを教えてくれているのではないでしょうか。

ですがそれを考えずに「早く忘れたい」と思って考えないようにしていると、また「嫌だな」と思う出来事が現実に起こってしまうのかもしれません。

本当に生きたい人生を生きていれば、「嫌だ」と思う事はどんどん少なくなっていくのではないでしょうか。

自分がなぜその出来事に対して「嫌だ」と思うのか、という事について考えてみると、自分が本当に望むことや、望む人生が見えて来るのかもしれません。

【受け入れる】

嫌な事が起こり、それを早く忘れたいと思ってもなかなか忘れられない。
気分を変えようと思っても、忘れようと思えば思う程に思い出してしまう。

頭の中がそんなループになっていませんか?

人が何かに対して「嫌だ」と思う事を忘れるというのは、なかなか出来るものではありませんが、「忘れる」のではなく、「受け入れる」という事を考えてみるのが良いかと思います。

私も包丁を向けられた事を今でも(8年程前ですが)忘れてはいませんが
当時は外に出る事すら恐かった記憶があります。

電車に乗ってても、外を歩いていても、どこかで出会うのではないか
また恐い目に遭うのではないか、という恐怖がありました。

ですが今は、その人を思い出したからといって、特に嫌な気持ちになることはありませんし
「恐い」と思う事もなくなりました。

現実は心の反映だと、よく言われますが
当時の私はそういう世界で生きていたので、そういう現実が起こったのだと今は思います。
自分がどんな人と人間関係を築くのか、という事に対して鈍感だった事も関係するかもしれません。

そういう世界というのは、例えば「自分に不幸が起こる」ことや、「自分は愛されていない、必要とされていない」という思いの中で生きるということを自分が望んでいたという事です。

自分に不幸な事が起こる事によって、周りの人に構ってもらいたかったのだと思います。

だから私はそういう世界を無意識に望み、現実として創っていたのだと思います。

「可哀想な人」は自分で自分を「可哀想な自分」にしているという事です。

その現実を、「嫌な事」を「感じている事」は、自分が創っているという事を意識すると
もっと現実を「素敵な事」や「幸せな事」が起こるようににする事は可能です。(幸せ体質になる方法

まずは自分の現実は自分が創っているのだと認識しましょう。
そして嫌な事が起こった時、嫌な事を忘れたいといって拒否するのではなく
その現実を受け入れましょう。(自分が幸せになる事を許すということ

現実を受け入れるとは、自分がその現実を創っていると認識する事です。
誰かからされた嫌な事は、自分で作り出した現実だと受け入れる、という事ですね。

【時間に任せる】

嫌な事を忘れたいと言っても、なかなか忘れられないというお話をしましたが
それを受け入れる事で、嫌な事が嫌な事でなくなります。

ですが「受け入れましょう」と言っても簡単に受け入れられるものではない出来事もありますよね。

そんな時は、自分で出来る事はやって、あとは時間に任せるのが良いかと思います。

友達との喧嘩も、時間が解決してくれるという事は
多くの人が経験した事があるのではないかと思います。

「感謝出来る事」や「素敵な事」に目を向けて生きて行くうちに
「嫌な事」もいつの間にか、思い出さないようになるのではないでしょうか。(「ありがとう」から変わる世界

嫌な事が起こった時、それを人のせいにする事
自分の人生を自分で責任を持って生きていないという事です。

自分の人生に責任を持ち、生きて行く事で、自分が本当に望む人生を創造出来るのではないでしょうか。(自分の人生に責任を持つ、選択するという事



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク