自分の人生を生きていないと感じたら考えたいこと

自分の人生を生きていないと感じる時というのは、人の目を気にして「迷惑をかけないように」生きていたり、誰かの意見に従って「自分の意見は心に秘めたり」しているのかもしれません。

人は人との関わりによって人生を楽しむことや、幸せや豊かさを感じることが出来ますが

それと同様に人との関わりによって疲れてしまったり、悲しみや辛さを感じたりする事もありますよね。

自分の人生を生きていないと感じるのであれば、誰かのため、人の為に生きていると感じているかと思います。

ですがそうした生き方を選択したのは自分であり、自分の人生を生きたいと思うのであれば、その想いに沿った行動と思考を持つ事を考えてみると良いのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【自分の人生を生きていないということ】

自分の人生を生きているのに、自分の人生を生きていないと思う理由は

「誰かのことを考えて、自分の望みを後回し」にしたり「誰かの意見に従って、自分の意見が言えない」ということなどを積み重ねてきて

「人の為に生きている」と感じていたり
「自分が本当はどうしたいのか分からない」ということもあるかもしれません。

ですが自分の人生を生きるということは「自分の人生に責任を持つ」ということで

「誰かのことを考えて自分の望みを後回し」にしたとしても、それは「自分が選択したこと」であり「自分の人生」なのではないかと思います。

「本当はこうしたい」という思いがあるから、自分の人生を生きれていないと感じるかと思いますが

本当に自分の望む人生を歩みたいと思うのであれば、それに繋がる行動を少しずつでも取っていくことを考えてみてはいかがでしょうか。

【自分の意見が言えない】

自分の意見が言えなけれは、自分の望みを叶えることも難しく、自分の人生を生きていないと感じることに繋がるかと思います。

ですが自分の人生を生きたいと思う時、「自分の意思を伝える」ということはとても大切なことになってくるのではないでしょうか。

自分が自分の望みを伝えることで、人に迷惑がかかると思ったり、相手がどう思うかばかりを考えてしまうのであれば

自分にとっても相手にとっても良いであろう事を考え、選択することを考えてみても良いかもしれません。

自分の意見を言うことによって、相手がどう思うのかということは「相手次第」ですので、自分の人生を生きていると思う人との縁を増やしていくというのも選択肢の1つとしてあるのではないでしょうか。

【人の意見に従う】

人の意見に従うことが多く、自分の意思がないというような人も、自分の人生を生きていないと感じることが多いかと思います。

人に従ってばかりは嫌だと感じても、自分が本当はどうしたいのか分からなかったり、自分で何かをする自信がない、ということもあるのかもしれません。

そうした時には「自分が信じたい人を信じる」「自分が選んだ人についていく」ということを選ぶのも「自分の意思」かと思いますし

それに対して、自分が選んだ人だということに「責任を持てば」誰かについていく人生だとしても、自分の人生を生きていると言えることもあるのではないでしょうか。

【全ては自分の選択である】

自分の人生を生きていないと感じていたとしても、そう感じる人生を選んで生きているのは自分ですよね。

自分の人生を生きたいと思うのであれば、自分の人生に責任を持ち、自分の人生は自分が選択してきた事の「結果」であることを受け入れ、そこから更に自分の望む未来へと繋がる選択をする必要があるのではないでしょうか。

一つ一つ、自分は本当はどうしたいのか、どう生きていきたいのか、何をして生きていきたいのか、少しずつ考え、行動していくことで、現実は大きく変わっていくかと思いますし

毎日の積み重ねというのが「人生」であり、「これからの人生を創るもの」でもあるかと思います。

自分の人生を生きていないと思い、自分の人生を生きたいと思うのであれば、今ここから、自分の望む現実に繋がる道を選択する必要があるのではないでしょうか。



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク