自分と向き合う時間を持つ

自分と向き合う時間を持つことは、自分自身について知り、人生がより自分の望む方向へと向かう為に必要なこと、大切なことに気づけたり、今何をするべきなのかが明確になることに繋がるのではないでしょうか。

そうした時間を持つことで、一度立ち止まり、自分の周りを見渡し、このまま人生を歩んでいけば「どんな人生になるのか」を意識することが出来るかと思います。

自分の周りにあるものは、自分が引き寄せた結果であり、それが望ましくないものだと思うのであれば、何かを変えていく必要があるのかもしれません。

ただ、この時に変えるべきは、鏡の法則でも言われているように「周り」ではなく「自分」だということは意識すると良いかもしれません。

スポンサー ドリンク

【自分と向き合うとは何か】

「では、自分と向き合って下さい」と言われても、具体的に何をすれば良いのか分かりませんよね。

自分と向き合うというのは「自分自身と対話すること」だと私は思います。

もう1人の自分に「どんな人生を生きたいのか」「これから何をしていきたいか」「変えていきたい所はあるか」など、自分自身の「本当に望むこと」を明確にしたり、自分の正直な気持ちを自分自身「受け入れる」ことが大切なのではないでしょうか。

自分の弱さや、自分のダメだと思うところを見て自己嫌悪するのではなく受け入れること、一旦受け止めて、そこから自分が本当に望む人生を歩むために「感謝できること」「前向きな考え」「未来に対する希望」などに目を向けてみてはいかがでしょうか。

自分と向き合う時間というのはとても大切です、自分は自分だからと雑に扱っていれば「自分自身に価値はない」と自分で言っているようなものですし

自分の身体も心も大切にしてあげることから、より良い人生を創造していくことに繋がっていくのではないでしょうか。(自己肯定感を高める方法

【自分を知る】

自分と向き合う時間を持つことで、今まで意識していなかった部分の「自分が見えてくる」こともあるかと思います。

得意なこと、苦手なこと、好きなこと、嫌いなこと、興味のあること、興味のないこと、好きなタイプの人、嫌いなタイプの人、仲のいい人の共通点、普段楽しいと思うこと、他の人と違うなと思うところなど、自分がどんな人間なのか、ということが明確になっていくかと思います。

そしてそれが明確になれば、自分の望む未来に向けて「どんな行動をしていけばいいか」「誰を参考にしていけばいいか」などが分かってきます。

自分がどんな人間なのか、という事が分かってくれば、大衆向けの本や雑誌やブログを見るのではなく、「自分と価値観が似ている人」や「自分と得意なことが似ている人」から、その生き方を学ぶ方が、よっぽど自分の人生の模範となるのではないでしょうか。(知識を増やすということ

【自分と向き合う効果】

自分と向き合う事は自分の気持ちを大切にする事に繋がりますので、それは自分自身を大切にしている事になるかと思います。

そして自分を大切にする、ということは「自分には価値がある」と思うことに繋がりますので、自己肯定感を上げることにも繋がるのではないでしょうか。

自己肯定感が上がればセルフイメージが上がるということですので、より良い人生、より自分の望む人生を生きる可能性を広げるということになりますよね。前向きな人は前向きな物事を引き寄せるものです。

自分と向き合う時間を、出来るだけ日常に取り入れることを意識して生きて行くことで、一度きりの人生を自分が本当に望む生き方を選択し、生きて行くことが出来るのではないでしょうか。(一度きりの人生をどう生きるのか



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク