自分には何もないと思うなら創ればいい

自分には何もないと思う人は
自分に対して価値を感じる事が出来ずに自信を持つ事が出来なかったり
自分を悲観したり、否定したりする事をしてしまうかと思いますが

自分には何もないと思うのであれば
何かしらを創る事に目を向けてみるのもいいのではないでしょうか。

何もない人、何も持っていない人というのは
そもそも居ないとは思っていますが

自分には何もないと感じてしまうのは
誰かと比較する事で自分の方が劣っているから

「自分には誇れるものが何もない」という事を感じ
自分には何もないと思ってしまうのかと思います。

自分には誰かに誇れるようなものが何もない

と思うのが嫌だと思うなら
人からの評価を気にしすぎない事も大切かと思いますが

誇れるような自分になることや
誇れるものを創り出すことを考えてみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【自分には何もない?】

自分には何もないと思う事は、自分にないもの
自分に足りないものへと目を向けることとなりますので

それは自分の可能性を狭める事へと繋がります。

運動が出来ない、勉強ができない
英語が話せない、資格がない
友達がいない、趣味がない

など、自分にないものばかりを考えていれば
自分に対して価値を感じる事が出来ないのではないでしょうか。

自分には何もないから自分はダメだと決めつけるのは早いかと思いますし、今自分に在るものに対しても失礼ですよね。

家族がいて、友人や知人が居て、仕事があって
お給料が貰えて、住む家があって

自分の時間を持つ事が出来るのであれば
大切なものを沢山持っているのではないでしょうか。

自分には何もない、と思う前に
自分自身に対してだけではなく、そうした自分の周りに居てくれる人や
自分の周りに在るものに感謝する気持ちを持ってみてはいかがでしょうか。(引き寄せの法則と感謝の関係性

【自分にあるものを見つける】

自分には何もない、と思っていたとしても
本当に何もないという人はいないのではないかと思います。

自分には何もないと決めつけるから
自分にあるものを見る事ができず、自分にないものばかりを数える事をしてしまうので、自分には何もないという思いを持つのではないでしょうか。

自分にないものに焦点を当てるのではなく
自分にあるもの、自分が持っているものに焦点を当てる事で

自分はどれほど多くのものを持っているのか、という事に気づく事が出来るかと思います。

そして、自分にあるものに焦点を当てて生きて行くことで、自分にはなにもないと思う事は無くなるのではないでしょうか。(望まないものに焦点を当てるのを辞める

【自分に在るものに感謝し、人生を創造する】

今自分に在るものに対して目を向け、感謝する事が出来れば
そこからさらに、より自分の望む人生を歩む為に
自分が誇れるものを増やして行く、という事を選択することが出来るかと思います。

自分が誇れるものを増やすには
自分が持っている価値、与える事が出来る価値について考え、行動する事を選択し

自分が出来ない事に対して目を向けることを辞め
今の自分が出来る事から、自分の誇れるものを創ることを選択していきましょう。

資格が無ければ取れば良いですし
友人がいなければこれから気の合う人と関わって行けばいいものです。

自分にはなにもないと思っていれば、それがあなたの現実となります。

自分は沢山のものを持っている、恵まれていると思っていれば
それがあなたの現実となります。

自分の現実は自分が創るものであり
自分には何もないと「決めた」のは自分です。

もっと楽しみや幸せを感じながら生きて行きたい
もっと自分の価値を高めて生きて行きたいと思うのであれば

まずは、自分が好きな事ややりたい事をしていく事が
一番簡単に自分に対して価値を感じる事が出来る事ではないでしょうか。

自分に価値を感じる事が出来れば
自分が誇れるものというのはどんどん増えて行きますし

その為にはやりたい事や好きな事をやる事を選択し
行動する自分になる事が大切かと思います。

自分には何もないと思った時には、今在るものに目を向けることや
自分がこれから産み出す事が出来る価値について考えてみてはいかがでしょうか。(足るを知ることから人生を創造する



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク