自分を受け入れる方法

自分自身を「受け入れることが出来ない」事によって、自分を責めたり人生を辛いものとしてしまう事がありますが、弱い自分を受け入れる、ありのままの自分を受け入れるという事が出来れば、人生はとても穏やかに、幸せに溢れるのではないかと思います。

自分を受け入れる、という事は「今の自分でも良い」と思う事や、「弱いところも自分なのだ」と受け入れることですが、それが出来ていない、自分を受け入れられないというのは「今のままでは駄目だ」と思っていたり、「弱い自分ではいけない、強くならなければ」という思いを持っている時ではないでしょうか。

そうした思いを持っていれば、自分に自信をなくしてしまったり、人と比べて劣等感を感じたりしてしまいませんか?

自分を受け入れるという事は、それだけでとても癒やされるものですし、人は誰かに認めて貰いたい、必要とされたいと思うものです。
そうした承認欲求を手放す事を考えるのも必要かと思いますが、その為にまずは「自分で自分を満たす」事を考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサー ドリンク

【自分が駄目だと思わない】

自分を受け入れる為に必要なのは、今の自分は「駄目だ」という思わない事です。
自分の事を「駄目な人間」だと思っていれば、自分のことを好きになることは出来ませんよね。

スポーツが出来なくても、自分の容姿が好きではなくても、マイナス思考でも、お金が無くても、恋人が居なくても、自分の事を駄目な人間だと決める事が出来るのは自分だけです。

他の人はあなたの全てを知っている訳ではありませんし、だれかに「お前は駄目なやつだ」と言われることもあれば「あなたは素敵な人だ」と言われることもあるのです。(人に嫌われるのが怖い人へ

自分を受け入れる為に、誰かの意見は必要ありません
自分の嫌いな所や駄目だと思う所も含めて、自分自身なのだと受け入れましょう。

今は自分が嫌いでも、駄目でもいい、そう思う事で心が少し軽くなるのではないでしょうか。

【他人と比べない】

自分と誰かを比べる事で、自分に満足出来なくなり、自分を受け入れる事が出来なくなる、という事もあるかと思います。

誰かと自分を比べなければ、人は学ぼうと思わなかったり、何かに向かって頑張ろうと思えない時もあるかもしれませんが、人と比べるという事で自分を受け入れる事が出来なくなってしまうのであれば、その思いは手放した方が良いのではないでしょうか。

だれかが自分より優れている、自分より良いものを持っているという思いを持った時、今の自分に満足出来ない気持ちや、自分に対する苛立ちが出て来るかと思いますが、自分にないものを持っている誰かがいるように、自分のもっているものも誰かにとっては羨ましいものだという事も多くあります。(他人が羨ましい時の対処法

自分に足りないものに焦点を当てて生きて行く事を選択すれば、いつまで経っても自分を受け入れるという事はできないのではないでしょうか。
自分を受け入れる為には「自分にあるもの」に焦点をあてる事も考えてみましょう。

【自分を必要とする】

自分を受け入れられない人は、誰かに受け入れてもらいたい、必要とされたいと思う事があるかと思いますが、それでは「誰か」に依存する人生を歩む事になり、結局自分を受け入れる事が出来ないままとなってしまいのではないでしょうか。

そうした人は、自分を必要とする「誰か」を求めるのではなく、自分で自分を必要としてあげることを考えてみる事で、自分がやりたいこと、好きな事を優先的に出来る様になり、自分をもっと好きになることが出来るのではないでしょうか。

自分が自分を必要とする、というと少し不思議な感じがするかもしれませんが、自分で自分と会話をしてみる事は、思っている以上に効果の在る癒しになるかと思います。

自分は駄目だと思っている自分に対して、あなたは自分にどんな声を掛けますか?

自分が誰かに取って欲しい行動を思い浮かべて、自分で自分を必要としてみる、認めてみる、抱きしめてみる。
あなたが誰かに望む行動を、あなたが自分にしてあげることで、自分を受け入れる事へと繋がるのではないでしょうか。

自分を受け入れられない人は、自分を受け入れて欲しいものです。
ですのでまずは、自分で自分を受け入れてあげる事から始めてみてはいかがでしょう。(「頑張らない」という生き方



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • ともさん
    • 2016年 5月17日

    人に頼れない自分が嫌でどうすればいいのだろうかと検索を繰り返していた結果こちらのブログにたどり着き、幾つかの記事を読ませていただきましたが、私がずっと考えていたことがそのままに書かれていて大変驚きました。
    自分自身を受け入れ、他人に認められることではなく、自分のために生きることで未来は開ける。私が考えている通りです。
    しかしこれらのことを頭で理解していながら、実際は一切人に悩みを相談することができず、人に嫌われることに怯えて生きている自分がいます。本音で友達と話したことはなく、いつもどこか演技をしている気がします。毎日自分の失敗や嫌われたのではないかという瞬間を思い出し、消えてしまいたいと思います。
    頭ではそんな自分を受け入れ、思い切って誰かに相談してみればいいとわかっていますが、実際は相談しようと思えません。昔から暗い雰囲気や険悪な雰囲気になるのが大嫌いで、人を不快な気持ちにさせたくない、楽しい雰囲気でいたいという気持ちから抜け出せません。
    と、やはり頭で理解している範囲から抜け出すことのできない自分もまた嫌いです。

    長々と話してしまいましたが、具体的に自分を受け入れる一歩として、何をすればいいのかを伺いたいです。自分を受け入れると言っても、私はやはりどこかで自分はダメな人間だと思っていて、どこかで素晴らしい、変わった、すごい人間なんじゃないか、と期待しているのかもしれません。

    add_filter('jpeg_quality', function($arg){return 100;});
    • haruka
    • 2016年 5月18日

    @ともさん

    こうしてこちらにコメントされている事が、ともさんにとっての一歩になっているのではないかとも思いますが、頭で分かっていても行動が取れない、という事は、「嫌われない」ことや「険悪な雰囲気にならない」ことの方が優先順位が高い事になるかと思います。

    ですが「本音で話す」こと、自分の本当の気持ちを伝える事で「嫌われる」「険悪な雰囲気になる」という事はありませんし、そう思っているのであれば、ともさん自身が、「自分の意見を言って雰囲気を悪くする人が嫌い」であったり、そうした人を「自分勝手な人だと思う」のかもしれません。

    あとは、演技をしている自分も「嫌われたくない」という「自分の本音」の隠れた行動でもあるのかなと思います。

    自分を受け入れる一歩、という事ですが、頭の中で自分で自分を抱きしめてあげる、自分の本当の気持ちを打ち開け受け入れる、という事をしてみるのも良いかと思いますし、誰かに受け入れてもらう事で自信をつけるのもいいのではないかと思います。

    正直、こうすればいい、というものはありませんが、ともさんが「こうしたい」と思う事を出来ることからやっていく、という事になるかと思いますし、今こうしてコメントされているのも「相談出来ない自分」から「相談出来る人がいる自分」になっているのではないでしょうか。
    一気に変わろうとしたり、変わらなければいけないという思いを持っていれば、それがより困難になるかもしれません。

    頼られることが「嫌だ」と思う人もいれば「嬉しい」と思う人もいます。
    本音で話を出来る相手、友人が欲しいと思うのであれば、ともさんが本音を伝えることで「本音で話せる相手」が出来るのではないでしょうか。

    というより、本音で話せる相手が残る、という感じでしょうか。
    そうやって自分の生きたい人生に居て欲しい人を引き寄せることになる、自分の人生を創造する事になるのではないかと思います。

    なにかしらの参考になれば幸いです。

    add_filter('jpeg_quality', function($arg){return 100;});
    • あき
    • 2017年 1月21日

    @ともさん

    ともさんのコメントを見て、私が書いたんじゃないかと思うくらい、同じ悩みで驚きました!
    私も人に嫌われたくなかったり、「変わり者」と思われたくないので、人の顔色を伺ってしまいます。
    なので、本音で話せる友達がいません。
    彼氏の前でも同じで、本当の自分をオープンにできなくて、自宅に招くこともできず、結果的に苦しくなって別れてしまいます。

    本当は、もっと人と繋がりたいし、自分も理解されたい。
    でも、どうすればいいか分からない。

    ともさんがコメントをされてから、少し時間が経っていますが、もしこの期間でともさんの気づきなどあった。是非教えていただきたいですm(._.)m

    add_filter('jpeg_quality', function($arg){return 100;});
  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク