自分の人生を生きるという事

あなたは自分の人生を生きていると感じるでしょうか。
自分の人生を生きれていないと感じる人は、敷かれたレールの上を歩いていると感じたり
誰かに自分の人生が左右されている、例えば両親に決められていると感じるかと思います。

他にも自分の意見が言えないことで、自分の人生を生きることが出来てないと思う事もあるかと思います。(言いたい事が言える自分になる為に

他人の目を気にして生きていれば、自分のやりたいことが出来なかったり
自分の本当の気持ちを伝える事が出来なかったりしますよね。

人生で人と関わらないという事は出来ないかと思いますので
人との関わりがあっても、自分の人生を生きる事が出来るように考える事をしていくことで

あなたは自分の人生を生きて行く
自分の本当にやりたいことをやっていくことが出来るのではないかと思います。

スポンサー ドリンク

【縛りを外す】

自分の人生を生きる為には、今自分の人生を生きれていないことの
原因となる縛りを外す事が必要かと思います。

それは「こう生きなければいけない」という思い込みであったり
「こうあるべきだ」という世間体かもしれません。

「大学に行って欲しい」や「家業を継いで欲しい」という両親の願いや
「良い会社に就職すること」や「幸せな家庭を築くこと」が良い事だという世間体が
あなたを縛っているのかもしれません。

それらの期待、世間体に答える為に、あなたは自分の本当にやりたいことが出来ずにいませんか?

それでは自分の人生を生きる事は出来ませんよね。

あなたが自分の人生を生きたいと思っているのであれば
自分が本当にやりたい事というのは明確なのではないかと思います。

ただ、自分の本当にやりたいことを追いかけることで
誰かの期待を裏切る事になる、といったことや
世間から孤立するといった思いがあり、それを行動に移せないのかもしれません。

あなたはどちらの道も選択する事が出来ます。

自分の人生を生きたいと思うのであれば
自分の中にある、自分を縛っているものを捨て
あなたの本当にやりたい事をやって生きた方が良いでしょう。(固定観念を捨てる方法

【変わるのが恐い】

自分の人生を生きたいと思った時に、障害となるのが「恐れ」や「心配」です。

人に嫌われるのではないか、人にどう思われるだろう
本当に出来るだろうか、出来なかったらどうしよう
自信が無い、続けられるだろうか

そんな思いがあなたの頭の中でグルグルするかもしれません。

変わる事が恐いという思いは、恒常性維持機能の働きによる所もあるようですが
それを超えていかなければ、あなたの人生は変わらないですよね。

自分が恐いと思っていることは、行動してみればそんなに恐いものでもなく
心配していたほど、心配する程のことは殆ど起こりません。

そして行動することで、その恐れや心配は消えていくかと思います。

それは絶叫マシンに乗る時と同じ様に、乗る前、行動する前はとても恐れや心配が頭の中を駆け巡りますが
乗り終わった頃にはその恐れや心配というのはどこかへ行ってますよね。

あなたが恐いと思っていても、そこで行動しなければ何も変わりません。
少しずつでも、小さな恐れから克服してみてはいかがでしょうか。(変化を恐れずに行動するには?

【自分の人生を生きよう】

自分の本当にやりたいことが分かっているならば
やらない理由はありませんよね。

自分の人生を生きたいと思うなら
その為に自分を縛っているものを断捨離し、身を軽くしましょう。(手放す事で執着をなくす

行動することは、頑張る事ではありません。
心からやりたいと思えば、自然とやって行けるものです。

それを止める人がいるのなら
その人は自分の人生を生きれていない人でしょう。

誰の意見を聞き、どんな行動を選択し、どこに向かうのか
あなたが自分の人生を生きる為に、必要なことを選択していくことで
あなたは自分の人生を生きて行くことが出来る事でしょう。(自分の人生に責任を持つ、選択するという事



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク