自分の可能性に気づく

自分の可能性に気づくことで、人生は大きく変わります。

あなたは今の生活に満足しているでしょうか。
現実に流されてなんとなく生きていませんか?

やりたいことがあるのにそれが出来ずにいたり
変わりたい、現実を変えたいと思ってもなかなか変わらないのは
自分には出来ない」と思っていることや
本当は「変わりたくない」と思っているということ。

好きな事をして生きて行くことや
やりたいことをして生きている人が魅力的に見えたとしても
今の現実を無くしたくない、このままがいい、このままでいいと思うのは
自分を守るために備わっている恒常性維持機能の働きによるもののようです。

それは自分を守る為に働いてくれている有り難いものですが
「変わりたい」と思う人を「変わりたくない」という気持ちにもするものです。

そして、それによって自分の可能性に蓋をしてしまい
自分で決めた自分の制限の中で生きて行くことを選択してしまいます。

もっと幸せに、好きな事をして生きて行く為に
自分で決めた制限を外して、自分の可能性に目を向けてみませんか?

【過去の自分を基準にしない】

自分の可能性に蓋をしてしまっているのは、あなたが今まで生きて来た現実から
自分が出来ると思う事、出来ないと思う事を決めてしまっているから、ということが言えるかと思います。

自分はこういう人間だという思い、得意な事や苦手な事
好きな事や嫌いな事が生きて行けば行く程に固まり
新しいものや考えを取り入れる事が難しくなってしまいます。(固定観念を捨てる方法

そしてそれが自分を危険に晒すものだと判断すれば、自分を守る為
それを反応的に拒否したり、自分から遠ざけるという事をして
「変わらないこと」や「安定」といったものを選択します。

過去の自分を基準にして生きていれば、そこにある可能性に対して
自分には関係のないものだと思い、その可能性に目を向ける事もしなくなります。

可能性に目を向けないということは、そこにある可能性に気づけていないということです。
あなたがそこにある可能性に気づく事
もっと幸せに、好きなことをして生きて行くことが出来るかと思います。(ゆるく生きる方法-ストレスを手放そう-

【知らないものは可能性にならない】

自分の可能性に気づくには、その可能性を知ることが必要になります。
知らないものはあなたの現実には無いものですから、可能性にはならないですよね。

好きな事をして生きている人をしらなければ
そういう生き方が出来るという事に気づかないですし
人はそこにあるものと同じようなものを生み出す事は、どちらかといえば簡単にできますが
0から1を生み出すこと、無いものや知らないものを自分で生み出す事が出来る人は、かなり少ないと思います。

ですので多くの人は、周りの人から自分の可能性を見つけ
それを自分の可能性として自分の中に落とし込んで行くことになるかと思います。

新しいもの、知らないもの、知らない人との出会いの中には、多くの可能性があります。
今ある環境や人間関係は、自分の価値観と合うものだけをあなたが選択していると思いますが
その中にもきっとあなたの可能性を広げるものはあるでしょう。

それに気づくことが出来るかどうか、それに目を向けることが出来るかどうかで
あなたの可能性になり得るものが見えてくるのではないかと思います。

【出来ない理由を考えるのを辞める】

もっと好きな事をして生きて行きたい、やりたいことをやりたいと思うと同時に
あなたの頭の中を出来ない理由、やりたくない理由が巡るかもしれません。

やりたいけど時間がないな。とか(自分の時間の作り方と使い方を考える
やりたいけどお金がないな。とか(お金とは何か?お金があれば幸せになれる?
やりたいけど周りの人にどう思われるかな。とか(理解されようとしない

初めの方に話したように、人には恒常性維持機能というものが備わっています。
それがあなたが「変わる事」を辞めさせようと働きかけてきているという事ですが
出来ない理由を考えていれば、その可能性にどんどん蓋を足していってるだけですよね。

可能性に気づくという事は、その蓋をどんどん外して行くということです。
可能性に蓋をしているのは自分自身であり、可能性の蓋を開けるのも自分自身です。

出来ない理由を考えるよりも、どうすれば出来るかを考えることで
あなたの可能性の蓋を開けることとなるでしょう。(質問の仕方を変える

【人が出来る事は自分にも出来る】

やりたいこと、好きな事をして生きている人を見て
あの人だから出来たんだとか、自分には出来ないとか
あの人と自分は違うんだと思う事も、自分の可能性に蓋をしていますよね。

あの人もその人も同じ人間です。
自分とは違うと思ってしまうのは、自分を安心させる為の思い込みにすぎないかと思います。

可能性に目を向けるというのは
あの人に出来たなら自分にも出来るかもしれないと思うことです。

どうやって出来たのか、何をしたのか、何に時間を使ったのか
何を考えて行動していたのか、何にお金を使ったのか、何を大切に生きているのか

自分の理想とする人がいるのならば、その人を観察して
自分の可能性として見てみることが出来るかと思います。

自分の可能性に気づくことは、自分の人生を自分の望む方向へと創造することに繋がります。
身の周りにある可能性に目を向けてみませんか?(人生の目的の見つけ方



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク