自分探しの旅に出て自分は見つかるのか

自分探しの旅というと、どんなイメージを持つでしょうか?
例えば、自分探しの旅に出ると言って海外に行き、自分を見つけて帰って来る事はあると思いますか?

自分探しの旅というのは、海外に行ったり、日本一周したり、ヒッチハイクをしてみたり
そういった自分の外側に探しに行くのではなく、自分の内側に探しに行くものではないかと思います。

海外に行けば何かが変わると思ったり、まだ見た事の無い世界があると思ったりする事は、確かに間違いなく新しい何かに出会う事となり、自分の世界は広がるかもしれません。

ですが、自分を探しに旅に出る、というのは、「今の自分は自分ではない」という事で、「自分が見つかっていない」という事になります。

自分とは何か?という事を考え、その答えが見つからないからといって、自分を探しにどこかへ行くのは少し違うのでは?と私は思います。

自分探しの旅自体は楽しいものとなるかもしれませんし
それはそれで良いのかもしれません。

ですが自分探しの旅に出る事を続ける事は、自分を見失い続ける事に繋がる事もあるかもしれませんので
自分探しの旅に行く事について少し考えてみるのは大切かと思います。

スポンサー ドリンク

【自分探しが逃げになっている人】

自分探しの旅に出る事は、悪い事ではないと思いますし、私も過去に「自分探しの旅だ」と海外に行った事はあります。
「自分探し」と言いながら何も考えていなかったので、自分は見つかりませんでしたが、新しい経験や楽しい経験はありました。

自分探しの旅が危険だと思うのは、自分探しの旅が楽しい事によって
それが「現実逃避」と化してしまう事ではないかと思います。

楽しいことをする事、幸せを感じる事をする事で、それを引き寄せるといったお話も良くしていますので
そういった事は大切なのではないか?と思われるかもしれませんが

現実を見ないで楽しい事をする事と
現実を受け入れて楽しい事をする事は違います。

先程も言った様に、現実を見ないのはただの現実逃避となります。
現実とは何か?という事をを考え始めると長くなりますので、ここでは割合させて頂きますが

自分を探しに旅に出るのが楽しくなってしまっている人は
それが現実からの逃げになっていないかという事を考えておくことは大切ではないでしょうか。

【自分の内側を見るということ】

自分は今ここに居ます。そして自分の現実というのは、自分の思考が反映されたものだという事は
鏡の法則や引き寄せの法則、思考は現実化するなどでも語られていることです。(引き寄せの法則の本質を理解する

ですので自分探しの旅に行くのであれば、外側ではなく内側を旅する方が重要なのではないかと思います。

現実は心の反映だという事を元に言えば、現実を変える事で自分の内側も変わるという事になるかもしれませんが
「自分を探す」という事であれば、自分と対話する事が一番必要な事ではないでしょうか。

自分を探すという事は、自分の好きな事、やりたいこと、考え方のクセや行動パターンなど
そういった事を知る事や、自分の在り方、生き方を見つけるという事で

自分はどんな人間なのか、どんな生き方をしたいのか、本当にやりたいことは何か
など、そういった事を考えてみる事や、誰かに「自分はどんな人間か」と聞いてみる事で
自分探しの旅をすることをせずとも、自分が見えて来るのではないでしょうか。(人生の目的の見つけ方

【自分とは何か】

自分を探すという事を考えた時に、「自分とは何か」という事も必ず考える事になるのではないかと思います。

ですがそれを明確に断言する人というのはいないもので、証明出来るものも無いのではないでしょうか。

可能性が高いもの、確率的に高いもの、というのはあるかもしれませんが
実際に、自分とは何か、という事に関してそれを決める事が出来るのは自分だけなのかもしれません。

そうして結局、自分探しの旅が続いてしまう事もあるのではないかと思います。

自分を構成するものが自分だとするのであれば、自分がない人というのは
自分を構成するものがない、少ない人という事であったり
自分を否定するものが自分を構成している場合に、自分がないと思うことから自分探しの旅へと行くのかもしれません。

それならば自分を構成するものを創る事、増やす事によって、
自分探しの旅をずっと続けるという事は無くなりますし
自分とは何か?と悩む事も少なくなるのではないでしょうか。

自分探しの旅をするという事は、今の自分を見つめ、新しい現実を創造していく為には必要なことかもしれませんが
それが現実逃避となってしまっているのであれば、自分探しの旅を続けるという事はお勧めしません。

生き方というのは人それぞれ違うものですので、誰かの人生を否定する事は誰にも出来ませんが
自分が何を選択して生きるのか、現実に何を創造するのかというのは、全て自分次第です。

ゆるく生きたいのならゆるく生きる方法
現実を変えたいのなら現実を変える方法

自分が生きたい道を選択し、現実を創造していくのは他の誰でもなく自分です。
自分探しの旅について考える事は、自分の人生を考える事にも繋がるのかもしれません。



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク