人生は選択の連続である、だからこそ考えたい事がある。

人生は選択の連続である、という言葉を聞くことがありますが、この言葉に共感出来る人は多いのではないかと思います。

ですが共感出来ることと人生に活かす事が出来ているのか、というのは別の事で、「人生は選択の連続である、その通りだなぁ」と「思ってからの行動」がとても大切だということを意識する事を考えてみるのも良いのではないかと思います。

人は人生が「選択の連続である」ことには同意しますが、その選択が「自分の選んだ選択」だと細かく自覚、意識しながら生きている人というのは少ないのではないでしょうか。

例えば「こんな家に生まれてこなければよかった」と思う状況は、一見すると「選択出来ない不幸」のように思えるのではないかと思いますが、同じ境遇でも「生まれて来たから幸せに生きるんだ」と思う事も出来るということですね。

そこには「思考の差」が見て取れますが、その「思考」も自分が今までの経験や知識から身につけて来たものであり、自分が「選択したもの」であるという事になるのではないでしょうか。

といっても、まずは「自分の身を守る」ことが本能的には第一なので、そこから変わらない事を選択する人も多いかと思いますが、このサイトに好んで訪れてくれているような人であれば、人生を変えたい、何かを変えたい、自分の生きたい人生を生きたいと思っているのではないかと思いますし、そうした人はもう「変わる事を選択」していると言っても良いかと思います。

あとは「その選択を続けて行く事」で、自分の生きたい人生が創造されていくのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【小さな選択の重大さに気づく】

今までの人生で「どんな選択をしてきたか」と言われれば、高校、大学、就職、恋人との出会い、結婚などが「人生を変える大きな選択」になる、と思うかもしれませんが、そうした選択をするまでにも、いくつもの「選択」が積み重なっているものですよね。(無意識の行動を意識する

そうした「選択の大切さ」に気づく事で、これから歩んで行く人生はより自分の望む方向へと向かって行くのではないでしょうか。

目の前の選択がこれからの人生を大きく変える事となる、というのは選択しなければ分からないですが、より自分が本当に選びたいものを選ぶ事を意識していくことは大切なことかと思います。

【その選択はどこから?】

例えば何かをしたいと思った時に「やる」か「やらないか」という選択肢が出てきます。「選べずに迷う」という選択肢等もあるかもしれませんが、そうした選択が「自分を守るため」かどうかというのを一度考えてみるものいいのではないでしょうか。

自分を守る為の選択」というのは、例えばやりたいけどお金がない、時間がない、自分の意見を言いたいけど怖いから言わない、人と関わりたいけど嫌われたくないから関わらないなど、挙げてみると沢山あるかと思いますが「やりたいけど」と思った時点で自分を守る為の選択だと思ってもいいかと思います。

「やりたいか」「やりたくないか」で言えばやりたい。
のであれば、「やる」ことを選択した方が良いと言えるでしょう。

出来ないかもしれないから」という人もいるかもしれませんが、出来なかったら出来なかったでも、それは「経験」となり、「やることを選択した自分」は残るのではないでしょうか。
それはとても自信に繋がるかと思いますし、「自分はやりたい事を選択する事が出来る」と潜在意識にも伝わるのではないでしょうか。(潜在意識と顕在意識

それだけでも何かをやる意味はあるのかもしれません。
やりたくないならやる必要はありませが、やりたいのに「出来ないかもしれない」「やるだけ無駄かもしれない」と考えるのは自分を守る為の選択であり、あなたが本当にしたい選択ではありませんよね。

人生は選択の連続であり、今この瞬間から何かを選択することは出来るものです。
あなたが望む人生にはどんな選択が必要でしょうか?(覚悟を決めると人生は変わる



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク