あなたの人生の主導権は誰のものですか?

あなたは今までどういう風に人生での選択をしてきましたか?
そして、これからどのような選択をしていくのでしょうか。

スポンサー ドリンク

あなたは今まで行きてきて、思い通りにいかなかったり
面倒ごとに巻き込まれたりした経験があると思います。

そういう時、あなたは人の車に乗って生きています。

例え話ですが、あなたの周りには沢山の車やバスが走っています。

「Aさん」という車から「Z株式会社」というバスまで
様々な車やバスが走っているのを見ながらあなたは

「Aさんが好きだからAさんの車に乗ろう♬」とか

「Z株式会社はお給料がいい、あれに乗ろう」とか考えて

その車やバスに乗っているのです。

昔の私は「日本〇〇株式会社」というバスにのり
そのバスのルールに従って生きていましたが
ずーっと走っているうちに、このバスの行き先は私が望んでいるものではないと気づき
そのバスから降りました。(会社に依存する事のデメリット

「Cさん」という車にもよく乗っていました。
そこはとても青春に満ちた車で、窓から見える景色も様々なものでとても好きでした。

しかし「Cさん」という車から、私は突然降ろされてしまいました。
人間関係の変化

「フ〇〇コ」というバスに乗っていた時は
バスジャックにあったかのような体験をしました(笑

そんな経験をしながら、私たちは新しく自分が乗る車、自分を
のせてくれるバスを探しながら人生を生きています。

そこで何かが起こると

「日本〇〇株式会社」というバスは駄目だ、労働時間も長いし
休みもあってないようなものだ

「Cさん」というバスは最低だ、私はこんな事をされた

「フ〇〇コ」というバスに乗っていたせいで死ぬ所だった

そんな風に思うかもしれません。

それぞれのバスには運転手がいて
あなたはその人達をコントロールする事は出来ません。

なので降りろと言われれば降りるしかなく
なぜ自分は降ろされたのかと怒ったりします。

しかしその降ろされた所であなたが学んだ事は
次の車、バスを選ぶ基準となります。

「日本〇〇株式会社」というバスはとにかく働かなければいけなかった。
こんどはもっと労働時間の少なそうなバスに乗ろう

といった具合に、です。

ですが伝えたい事は、そういったことではありません。

私があなたに伝えたいのは、あなたの車の運転の仕方
他の人の車に乗る時の考え方です。

あなたは今まで沢山の車やバスに乗ってきました。
運転の荒い車からゆったりした車
車内が満員の大きなバスから、地域密着の小さなバス。

あなたがあなたの車以外に乗っている時
あなたは行き先を考えなくてもいいし、事故すればそのバスの運転手のせいに
なるので、大きな責任をとる事も無いです。

はっきり言えば楽なんです。

だからみんな誰かの車・バスに乗ろうとします。

自分で車を整備するのは大変ですし
なにかあれば自分の責任になります。

そして自分の身に良くない事が起こるとその車やバスのせいにします。

自分で自分の車を運転する気がないのに、人の車やバスには文句を言います。

そんな生き方をしている人に心当たりはありませんか?

次の記事→あなたの人生の主導権は誰のものですか?2



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク