あなたの人生の主導権は誰のものですか?2

あなたは自分の人生を誰かに預けていませんか?

今日は前回の記事(あなたの人生の主導権は誰のものですか?)の続きをお話していこうと思います。

スポンサー ドリンク

前回の記事の内容は、あなたは沢山の車やバスを自分で選んで乗っている。

そして自分の車以外のバスや車に乗っているのは楽なのでそれを選んでしまう。

そしてその車やバスが事故にあったりすると、運転手に責任を押し付ける。

といったような事です。

そしてこれからお話する事は、あなたの車の運転の仕方や
他人の車に乗る時の考え方といった事になります。

今、あなたは私の車に乗っています。

私の車から見える景色をきちんと自分の目で見て
あなたの車が、さらに沢山の景色が見える所に行くキッカケになれば嬉しいです。

キッカケは見渡せばすぐ側にあるもので
あなたが気づくか気づかないかの違いです。

例え話ですが、私の考えをお伝えして行きます。

あなたは生まれたときから、1台の車をもっています。

それはいつもあなたの側に居て、あなたを見守ってくれているあなたの車です。

あなたが運転席に乗っている時、何が起きようとそれは全てあなたの責任になります。

それは怖い事だと思うかもしれません。

事故したらどうしようとか、道を間違えたらどうしようとか…

責任を取るのは嫌だと思うかもしれません。

ですが、あなたがあなたの車に乗り、運転席に座って生きて行く事を決めれば

あなたは不安や恐れ、心配やストレスが殆どない場所へ辿り行く事ができます。ゆるく生きる方法-ストレスを手放そう-

その為には、あなたの車を信じる事が大切な要素になります。

あなたの車は、あなたにとても忠実で、あなたの本当に望んでる場所に
あなたを連れて行ってくれます。(あなたは何の為に生きていますか?

しかしあなたが車を運転していると、車の調子が悪かったり

ブレーキがきかなくて事故をしたりする事があります。

その時あなたは車を責めたくなるかもしれませんし

なんでこんな事が起こったのかと思いたくなるかもしれません。

ですがここであなたはとても大事な事を車に教えてもらっているのです。

あなたは車を信頼していない、車のメンテナンスもしていないという事です。(自分が幸せになる事を許すということ

この道を通らなければ、こんな嫌な思いはしなかったのにと
私はその道を通って来たことを悔やんでいた事があります。

しかしその道を通らなければいけない理由が私の車にはありました。

私にもっと楽しんでもらおう、沢山の景色を見せてあげようと、私の車は思ったのです。

その為に私は車のメンテナンスをする必要がありました。

だから調子を悪くしたり、事故したりして気づいてもらおうとしたのです。

そして少しずつ私は自分の車を改良していったのです。

滑らないタイヤにつけかえたり、事故した時の為にエアバックをつけたりと
もしもの時に備えたものや

もっと自分の車を好きになれるようにアロマディフューザーを置いたりと
自分の気分が上がるような事をしたりもしました。

私はさらに沢山の道を知り、沢山の景色を見れるようになりました。
そして私の車に対する信頼も自然と上がって行ったのです。

あなたはあなたの車を信じ、もっと信じられるように
もっと車を好きになれるように車を改良していく事で

今よりもっと沢山の道が見え、沢山の景色が見れるようになります。

今のあなたの車が悪いと言っている訳でもなく、あなたが知っている道が少ないと言っている訳でもありません。

それぞれに沢山の道があり、私の知らない道や景色をあなたが知っています。

それと同じ様に、あなたの知らない道や景色を私も知っているというだけです。

だから私の知っている道や景色に興味があれば
あなたがこの道を通るキッカケにしてもらえたらなと思います。



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク