覚悟を決めると人生は変わる

「覚悟を決める」ことは「自分の選択に責任を持つ」という事かと思いますが、自分の選択に責任を持つことは、自分の生きたい人生を生きる為に、何をして何をしないのか、という選択に責任を持つことで、そうした事を意識して生きて行くことは、自分の人生を変える事へと繋がるのではないでしょうか。

覚悟を決めると人生が変わるのは、覚悟を決めなければ「自分が何を選択するのかがブレる」からであり、覚悟を決めることによって「自分が何を選択するのかがブレない」のではないかと思います。

覚悟を決める事が出来ないから、自分の生きたい人生を生きる為に必要な選択をする事が出来ないのであれば、覚悟を決める事を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

覚悟を決める事は「望むことに焦点を当てる」ことになりますので、それを引き寄せる事にも繋がるかと思います。

スポンサー ドリンク

【選択する覚悟、しない覚悟】

自分の人生で覚悟を決める瞬間というのはそんなにない、と思う人も少なくないかもしれません。

例えば結婚する時や就職する時、子供が出来た時などには「覚悟を決めなければ」と思うかもしれませんが、普段の生活で「覚悟を決める瞬間」というのはあるのか?と思うのではないでしょうか。

それは「どんな人生を生きるか」という事に対して、「自分はこう生きる」という覚悟を決めなくても、ある程度は幸せに、楽しく生きて行けるからかもしれません。

ですがそうした選択は「自分の人生の選択に責任を持たない」ことを選択している事にもなりかねませんし、自分が人生で成し遂げたい事に対する優先順位が定まらずに、中途半端な結果になってしまったり、何も成し遂げることが出来ないという事にもなってしまうかもしれません。(自分の人生に責任を持つ、選択するという事

覚悟を決める為には「自分は何を選択するのか」ということ、そしてその選択によって「何を選択しないのか」を考える事も大切な事ではないでしょうか。

【自覚する事が覚悟に繋がる】

覚悟するというのは、例えば先程の「結婚する時」「子供が出来た時」「転職する時」などが覚悟を決める事に繋がるのは、その現実を「自覚する」からではないでしょうか。

自覚すればそれは現実味を帯びる事となり、「いつかは結婚するだろう」という現実味の無い思いが「結婚するのか」と自覚し「ちゃんと働かなければ」と覚悟を決める事に繋がるのではないでしょうか。

年齢を重ねて行けば、友人に不幸がある事もあります。
そうした出来事からも「自分の命も、いつまであるものか分からない」と自覚するようになり、人生で出来るだけ沢山やりたいことやると覚悟を決めたという人もいるかと思います。

自分が「自覚すれば」それは覚悟へと繋がるのではないでしょうか。
そして覚悟を決めることで、より自分の望む人生を歩んで行く事が出来るのかもしれません。(「やりたいことをやる」という選択

【向き合うということ】

覚悟を決めることは、その現実を受け入れ、その現実と向き合って、何を選択するのかを決め、それに対して責任を持つということではないでしょうか。

責任を持たない人は覚悟を決める事が出来ないと思うのは、覚悟を決める為に必要な「現実を受け入れる事」や「現実と向き合う事」が出来ないからではないかと思います。

出来ない、というよりも「まだそこまで考えてない」「なんとなくで生きれる、生きてる」という事の方が多いかもしれませんが、20代、30代と年齢を重ねるにつれて、そうした「自覚」や「覚悟」の場面というのは増えて行くのかもしれません。

自分の現実と真剣に向き合うことから、「自分の生きたい人生を生きる覚悟を決める」ことをしてみてはいかがでしょうか。
あなたの現実はあなたが思う様に創る事ができるのかもしれません。
後悔しない選択をしよう



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク