自分で考える力を身につけたいと思った時に考える事

自分で考える力をつける」ということは、人の意見を鵜呑みにしたりマニュアルに沿ってしか行動出来ない事を辞める為には必要な考え方かもしれませんが、自分で考える力を身につけようとしても「自分で考えられる限界」があるということをまずは考えておくことは必要ではないでしょうか。

自分で考えられる限界、というのは自分の持っている「知識や経験の量」によって「どんな事を考える事が出来るのか」に限界がある、という事になるかと思いますが、自分の知らない世界についてどれだけ自分の頭で考えても「新しい発想」というのが出て来る事は殆どないかと思いますし、今までの経験と知識を合わせて「こうするべき」という自分の意見と思われる考えが出て来るのではないでしょうか。

自分の持っている知識や経験から「ここはこうした方がいいな」と思う事が出来るようになっていくものかと思いますし、自分で考える力を付けようと「考える練習」をするのであれば、「知識と経験を増やす」事も考えた方が良いのかもしれません。

スポンサー ドリンク

【知識と経験が考える力になる】

自分で考える力をつける為には、今の自分の知識と経験に目を向けることと、新しい知識と経験に目を向ける事が出来るかと思いますが、今自分の持っている知識と経験から「自分で考える」という事をまずはしてみるのが良いのではないかと思います。

マニュアルに沿って仕事をする時に「なぜこのマニュアルになったのか」という事に目を向ける事から「本当に求められている事」は何かと考えて行く事や、物事の「本質」に目を向け考える事で「自分で考えること」に繋がるのではないでしょうか。

例えば、仕事で怒られて「なぜ怒られたのか自分で考えてみて下さい」と言われても、分からない人には分からないものですし、そもそも考え方が相手と違えば「理解しようとしても出来ない」こともあるかと思います。

そうした時には「他の人の考え方」を知ることや、人と関わる経験を積んで行く事で「より深く自分で考える」事が出来る様になっていくのではないでしょうか。

自分の持っている知識や経験を増やす事が、自分で考える力を付けることへと繋がるかと思います。

【物事の本質に目を向ける】

自分で考える事が出来ないと言われる人は「言われたままにする」ことや「指示通りに動く」ことしか考えていないと思われているから「自分で考える事が出来ない人だ」と言われたり思われたりするのかと思いますが、学校では「皆と同じ様にしなさい」と言われ、会社では「マニュアル通りにしなさい」と言われる事が多いので、理不尽だと思うかもしれません。

「言われたままにする」ことが自分の「考えた結果」だと思う事もあるのではないでしょうか。

ですが「自分で考える力をつけたい」と思うのであれば、言われた事の「意図」を汲み取る事、物事の本質に目を向ける事が大切になってくるかと思います。

例えば仕事で、朝早く来て下さいと言われたから朝早く来る、というのが「考える力のない人」「言われた事を言われたままにする人」であり、朝早く来て下さいと言われたら「なぜ朝早く来きて欲しいと言っているのか」を考え、「仕事を効率的にする為」だと思えば「朝早く来て効率よく仕事をする為に掃除したり仕事の順番を考える」ことをしていく、というような事をする人が「自分で考える事が出来る人」になるのではないでしょうか。

相手が「何を意図しているのか」「何をして欲しいのか」を汲み取る事に目を向けてみることで、自分で考えることへと繋がるのではないかと思いますし、「考えてくれている」と相手に思われることにもなるのではないでしょうか。

【経験を積み重ねる】

自分の頭で考える力をつける為には同じ失敗を繰り返さないように「どうすればいいか」を考え、それを行動し、行動の結果を検証してさらに違う行動を取って行くことで、自分の中に「こうすればこうなる」というような経験が身に付いていくかと思いますが、自分で考える事ができない、自分で考える力を身につけたいと思う人は同じ失敗を繰り返してしまう事が多いのではないでしょうか。

同じ事、同じ失敗を繰り返すという事は「学んでいない」「考えていない」ことになるかと思いますが、自分が同じ事を繰り返していると思うのであればそこで「今までと違う選択」をする事を考えてみるのが良いかと思います。

そう言われたからといって「言われたから違う選択をする」という事ではなく「自分はどんな結果を望んでいるのか」を明確にし、それに向けて「どう行動すればいいのか」を考え、「どんな行動を取るか選択する」ことで、自分で考える力もついて行くのではないかと思います。

そこでどんな行動を取れば良いか分からないのであれば、新しく知識を付け、それを行動へ移して自分の経験とし、そこから自分で考える事へと繋がるのではないでしょうか。(知識を増やすということ

自分で考えて行動するのは自分が「何を選択するのか」を考えて行動する事になるかと思いますが、その選択を「無意識にしている」のであれば、「意識的に選択する」ことを考えてみてはいかがでしょうか。(無意識の行動を意識する



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク