感情をコントロールして穏やかに生きる方法

感情のコントロールができないと
すぐに怒ってしまって誰かと喧嘩になったり
考えすぎて感情的になって泣けてきたり

本当はもっと感情を抑えたい、コントロールしたいのに、抑えられなくなって
自分でも辛い思いをしてしまうのではないでしょうか。

感情をコントロールするということは、感情を抑えるという事ではありません。

感情を抑えてしまうと、その感情はいつか
あなたの中から溢れ出してしまうのではないでしょうか。

感情をコントロールする為には、その原因と向き合うことや
感情的になってしまう理由をよく考えてみることが

感情をコントロールして穏やかに生きて行く事へと繋がるのではないかと思います。(心穏やかに生きる方法

スポンサー ドリンク

【感情的になってしまう理由】

感情のコントロールが出来ないと思う人は
感情的になってしまう理由について考えてみるといいのではないでしょうか。

・すぐに怒ってしまう

例えば誰かに対してすぐに怒ってしまう人というのは
その「怒る」という行為によって
相手をコントロールしようという無意識の心の動きがあることがあります。

怒れば言う事を聞く」というのは、子供に対してやパートナーに対して
職場の部下に対してやなど様々な場面はありますが

怒るという行為によって、相手に言う事を聞いて欲しい
自分の望む様に動いて欲しいとき、怒るという行為で相手をコントロール出来ると
考えていなくても経験上知っていることから、怒りの感情が込み上げてくることがあるのではないでしょうか。

相手を支配しようとする心の動きに気づくことから
本当は相手にどうして欲しいのか、という事が理解できます。

そういった時は、相手を支配しようとしないこと
相手をコントロールしようとしないこと
怒る必要もなくなるのではないかと思います。

〇〇すべきだ、といった思いや
〇〇しなければいけない、という思いが強い人程
怒りが込み上げて来るものかもしれません。(他人と過去は変えられない?

そういった思いがある人は、自分の中の固定観念に気づき
それを外して行く事で、穏やかに生きる事ができるのではないでしょうか。(固定観念を捨てる方法

・すぐに泣いてしまう

感情的になり、すぐに泣いてしまう人というのも
泣く事で相手を自分の思う様にコントロールしようという現れであるかと思います。

何も無くても泣けて来るという人は、感情をコントロールすることよりも
一度ゆっくり休息を取る事を優先して下さいね。

泣く事で相手をコントロールするというのは
例えば恋人から別れ話を切り出された時などに
「泣いて引き止める」というシーンはよくありますが

「泣く」という行為によって「相手が側に居てくれる」という事を知っている
ということから、頭で「引き止めたいから泣こう」と考えていなくても
涙が出て来るということがあるようです。

特に「誰かに必要とされたい」という思いが強い人は
その思いを手放すことで、穏やかに生きる事に繋がるのではないでしょうか。

感情をコントロールしたいと考えるのであれば
「感情的になることで誰かをコントロールしようとしている」
ということに気づき

人を変えようとするのではなく、自分の受け取り方を変える事で
自分の感情をコントロールすることが出来るかと思います。(見返りを求めずに生きる方法

【感情的になった時の対処法】

人をコントロールしようという思いから、感情的になってしまう人には多いですが
かといってそれをすぐに辞めた方が良いと言った所で
出来ないから困りますよね。

今までそうして生きて来た習慣というのはすぐに変わるものでもありませんので
少しずつ、出来る事から手をつけて行きましょう。

感情的になってしまった時に、まず出来る事は
その怒りや悲しみを相手にぶつけない事です。

そしてそれを抑えることもしない、ということが大切です。

感情を抑えると、感情が無くなればいいのですが
そうはならないかと思いますし、感情を抑えるということは諦めた方が良いのかもしれません。

相手に感情をぶつけずに、でも感情を抑えない為に
例えば紙とペンを用意して、その怒りや悲しみを全て出し切ってしまったり

泣けてくるのであれば、気が済むまで泣くのも良いかと思います。

自分の感情を抑えるというのは一番良くない対処法であり
自分の感情を出す、自分に合った方法をまずは見つけてみることで
感情的になってしまった時、今までとは違う行動を取れる様になるのではないでしょうか。

女性の方でよく感情的になってしまう人というのは
自分の月経の周期を気にしてみることも大切かと思います。

生理前はイライラしたり、感情的になってしまうということがありますので
そういった事も踏まえて、考えてみると良いのではないでしょうか。

今まで感情のコントロールが上手く行かなかったという人も
少しずつ行動を変えて行くことで、現実は変わって行きます。(習慣を変えて人生を変える方法

感情的になってしまった時も、自分を責めずに
穏やかな解決方法を選択して行きましょう。

【感情が教えてくれるもの】

感情をコントロールしたいと思うのであれば
それは自分にとってよくない感情だと思うからこそ
コントロールしたい、無くしたいと思いますよね。

ですが、その「自分にとって良くないと思う感情」というのは
あなたの人生をよりよくする為に必要なもので

「良くない感情」が出て来たと感じた時は
軌道修正しなさい」というメッセージなのではないでしょうか。

あなたが本当に人生を楽しみたい、もっと良くしたいと思うのであれば
「良くない感情」が出て来た時は、今を見直し
「良い感情」が出ているときは、それを出来るだけ続かせることで

より幸せに、穏やかに生きる事が出来るのではないでしょうか。(「いい気分」を感じ、引き寄せる方法



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク