自分の可能性を広げる方法

自分の可能性から目を背けている人は、自分の可能性を広げることや、自分の可能性に気づく事から、人生が大きく変わることへと繋がる事がありますが、自分の可能性から目を背けて生きていれば、自分の可能性を広げる方法が分からない、という事もあるかと思います。

自分の可能性、というのは主に「自分は何が出来るのか」「自分には何を達成出来るのか」という事になるかと思いますが、自分の可能性に対して目を背けるというのは、例えば「今まで事務の仕事しかしていなかった自分には英語を覚えて海外で活躍する可能性は低い」とか「運動神経が良くないから、きっとあのスポーツも上手に出来ないだろう」とか、自分の今までの経験から「自分には出来ない」「可能性は低い」と決めつけている事が多いのではないでしょうか。

人によって向き不向きはありますし、確かにそうした「可能性は低い」と思われる事もあるかと思いますが、そうした事ばかりを考え、自分にも出来るかもしれない事に対してそこに「可能性を見ない」のは勿体ない、と私は思いますし、もし私と同じ様に思うのであれば、自分の可能性を広げる方法について考えてみましょう。

スポンサー ドリンク

【ひとまずやってみる】

自分の可能性を広げる事に繋がる行動で一番大きなものは「ひとまずやってみる」精神ではないでしょうか。
やったことの無い事、初めての事、出来るか分からないけど楽しそうなことなどが目の前の現実に現れたら、ひとまずそれをやってみる。

友人が新しいゲームをしていたら「ゲームなんて時間の無駄だ」と思わずひとまずやってみる。
面白いと勧められた本を「自分とは趣味が違うから」と思わず、ひとまず読んでみる。
苦手だった野菜を「どこが美味しいんだ」と言わずに、ひとまず食べてみる。

その後に得られるものが自分にとって良いものか悪いものかは別として、そうした「今までしなかった行動」によって、新しい知識や考え方を得ることにもなり、自分の可能性というのは広がるのではないでしょうか。

可能性を狭める思考として「自分はそれを知っている」と思っている事がありますが、そうした考え方は自分の可能性を狭める事に繋がるのではないでしょうか。(望まないものに焦点を当てるのを辞める

【どうすれば出来るのかを考える】

自分の可能性を広げる為には、何に対しても「自分には出来ない」と思わないこと、そして出来れば「どうすればそれが出来るようになるか?」と考える事から始まるのではないかと思います。

自分には出来ないと思った時点で、それは自分の中からシャットアウトされる事になりますし、出来ないとまでは思わなくても「出来ないかもしれない」と思うことも同じように自分の可能性を狭めてしまうのではないでしょうか。

どうすれば出来るのか、という事に目を向ける事で、それを達成するまでに必要な知識を知る事に繋がり、知識を得る事から達成出来そうだと思う事ができ、自分の可能性というのは徐々に広まって行くものですよね。(知識を増やすということ

【周りの人は自分の可能性】

自分にとっての可能性というのは、周りの人を見渡すだけでも多くの可能性に気づく事が出来るかと思います。

海外に住んでいる友人が居れば、それを自分の可能性として捉える事が出来たり、起業した友人がいれば、その人に出来たなら自分も出来るかもしれないと思えるのではないでしょうか。

「あの人は才能があるから」とか「自信があるから」とか、そうした言い訳を自分にして、自分の可能性を狭めるのではなく、周りの人を見て、それを自分の可能性として捉える事が出来るようになれば、元々可能性というのはとても広くあるものだという事に気づく事が出来るのではないでしょうか。

自分の周りの凄い人は、自分に可能性を見せてくれているのだと考えてみることで、自分の可能性を広げる事に繋がるのではないかと思います。

自分の可能性を広げることで、すぐに現実は今までと違うものとなります。

可能性に目を向けるだけでも、自分の人生はこんなに可能性に溢れているのだと気づく事が出来るかと思いますし、自分の可能性に気づく事ができれば、その可能性の中から自分の生きたい人生を選択し、それを行動に移して行く事で、自分の望む人生を創造する事が出来るのではないでしょうか。(「現実を見る」ことと「夢を諦める」ことは別のもの



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク