完璧主義をやめたいと思ったら考える事

仕事に対して完璧を求めたり、自分に対して完璧を求めたり、完璧主義の人というのは1つでも何か違った事が起こったり予定通りにいかなければやる気を失ってしまったり、自己嫌悪に陥ってしまうこともあれば、完璧を求めるあまりに準備が整わなければ先に進む事が出来ず、結局いつまでも先に進む事が出来ないという事もあるかと思います。

完璧主義であることをやめたい、もっと気楽に物事を考えたいと思うのであれば、完璧ということや絶対というものは無いという事、準備が完璧に整う事はないという事を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【完璧主義になる原因】

完璧でなければいけないという思いは、今までの人生の経験などからの積み重ねによるものかと思いますが、完璧でなければいけないという事は「失敗してはいけない」という思いや「完璧でなければ価値がない」という思いからも来ているのではないでしょうか。

失敗してはいけない、間違ってはいけない、正しいことを選択しなければいけない、という事は義務教育の時代から教えられるもので、多くの人が持っている固定観念かと思いますが、そうした思い込みが強いほど「より完璧でなければいけない」と思うようになっていくのかもしれません。

そしてそうした自分の中の「完璧主義」な部分によって、人生が上手く行かない、疲れると感じるので完璧主義を治したいと思う事へと繋がるのではないでしょうか。(考え方の癖を変える

【完璧主義をやめる】

完璧主義をやめた方が、人生を楽しく生きる事や自分の生きたい人生を生きる事に繋がると思うのであれば、完璧主義をやめる生き方を考えてみるのも良いかもしれません。

完璧主義をやめる為には、自分の中にある「完璧でなければいけない」「間違ってはいけない」というような固定観念を手放すことや、自分が完璧でなければいけないと思った出来事に対しての意味付けを変える事などが出来るかと思います。(正しい生き方とは何か

完璧な人というのは居ないものですし、完璧でなければ人に認められないという事もありません。
人は自分に出来る限りの精一杯の事をする事しか出来ないのではないでしょうか。

完璧を求めるあまりに理想が高くなりすぎたり、現実味のない夢を見たり、いつまでも行動に移す事が出来なかったりするのであれば、完璧でなくても、今自分に与えられているものの中で最大限良いと思う事を選択し、行動して行く事が大切な事なのではないかと思います。

今までの考え方を変えることは簡単な事ではないかもしれませんが、自分は完璧でなくても、間違っても、失敗しても良いのだと受け止めることから、気楽に生きる事が出来るのではないでしょうか。(気楽に生きる方法



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク