肩の力を抜く方法

何かを頑張ろうと肩に力が入ってしまう人は、肩の力を抜く事で緊張が解れたり、リラックスする事が出来る為、本来の自分の力を出す事や良いパフォーマンスをする事へと繋がるかと思います。

肩に力が入った状態で何かを頑張ったり、一生懸命に取り組んだとしても、「頭が回らない」「上手く行かない」という事になってしまうのは、「自分本来の力」を出す事が出来ないからではないでしょうか。

頑張らなければいけない、という思いも、肩に力が入ってしまう原因かと思います。

肩の力を抜く方法について考え、肩の力を抜いて生きる事を選択して行く事によって、本来の自分の力を出す事へと繋がり、現実はより自分の望む方向へと向かって行くかと思いますので、何かに対して一生懸命に頑張っているのであれば、少し肩の力を抜いて、現実を受け入れ、行動して行く事を選択してみてはいかがでしょうか。

スポンサー ドリンク

【深呼吸する】

肩の力を抜く為に、一度自分の今の現実を見据えるために、深呼吸をすることが一番簡単に肩の力を抜き、リラックスする事へと繋がるかと思います。

心を落ち着かせることは肩の力を抜く事へと繋がりますよね。

肩に力が入っていると思う時、頑張りすぎていると思う時には、一度深呼吸をしてみてはいかがでしょうか。

そしてそこから「頑張ろう」と思うとまた肩に力が入ってしまうかと思いますので、頑張ろうと思うのではなく「やる」と思う事で、肩の力を抜き、自分本来の力を出して現実を創造していく事が出来るのではないかと思います。

【〇〇でなければいけない、を無くす】

〇〇しなければいけない、〇〇でなければいけない、というような思いからプレッシャーを感じ、肩に力が入る事は多いかと思いますが、そうした「〇〇でなければいけない」という思いを持つ事を手放す事を考える事で、肩の力を抜く事が出来るのではないでしょうか。

優勝しなければいけないんだ、絶対に完成させなければいけないんだ、そうした思いを持つ事から自分の望む現実を創造する事へと繋がる事はあるかと思いますが、そうした思いを持っているとなかなか現実は思う様にいかないのではないでしょうか。

それは「〇〇しなければいけない」という思いは自分の「足りないこと」へと焦点を当てていることから、そうした思いを持つ現実を引き寄せてしまう事に繋がるからかもしれません。(引き寄せの法則の効果

家でコーヒーを飲む時に、肩に力を入れて「コーヒーをいれければいけない…!」と思う事はあまりないかと思いますし、コーヒーを飲もうと思ったら「コーヒーをいれよう」と思い、それを行動に移すだけですよね。

それと同じ様に「頑張らなければいけない」と思うのではなく「やろう」と思うだけで、肩の力は抜けて行くのではないでしょうか。

【肩の力を抜くということ】

本番に弱い、という人が居ますが、そうした人は「失敗を怖れている」ことや「人からの評価を気にしすぎている」ことがあるかと思います。(承認欲求を手放す

自分の肩の力を抜く為には、そうした失敗を怖れる気持ちを手放す事や、人からの評価を気にしない生き方を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

肩の力を抜くという事は「本来の自分で在る」ということかと思いますので、自分を良く見せようとしたり、必要以上に頑張ったりは、しない方が良いのかもしれません。(「頑張らない」という生き方



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク