経験を積む事が大切な理由

人生、色々な経験を積む方が良いと言われたり、多彩な経験をする事によって物事を様々な角度から見る事が出来るようになったり、ちょっとした事では動じない自分になることもあるかと思いますが、「経験を積む」という事はただ「何かしら経験すればいい」ことではないのかもしれません。

多彩な経験を積むこと、色々な事に挑戦すること自体、やらない人や出来ない人もいるかと思いますので、経験を積む、色々な事を経験してみる、という事も大切ですが、その経験を「自分のものとすること」や「その経験によって得られたもの」「その経験から繋がるもの」に対して目を向けてみることもしてみると良いのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【経験を積む理由】

経験を積むのが良いとされる理由は、例えば飲食店で働いていた人が、新しく違う飲食店で働こうとした時には「今までの経験が生かされる」ことになるかと思いますが、そうした理由から「経験を積む」事が良いとされることもあれば、人生一度きりだから「多くの人生経験をして楽しめばいい」と思う人もいるかと思います。

経験を積む事は「その経験から繋がるもの」「経験から見える選択肢」が広がる事も「経験を積むのが良いとされる理由」となるかと思います。

経験を積むというと、良い経験・悪い経験・成功の経験・失敗の経験など様々ですが、人が多くのことを学ぶ時は「失敗の経験」による所が多いと言われています。

それは「失敗した理由について考え、改善する」ことを考えることから、より自分の生きたい人生、理想とする人生ややりたい事を達成することへと確実に近づいていると言えるからではないでしょうか。

失敗を失敗だと思わない、という事もありますが、それは置いておいてもそうした「望んでいない経験」をした時、「望んでいない結果」を得た時には、「このやり方では望む結果にはならない」と「学ぶ」事が出来るので、「失敗の経験は大切だ」と言われるのかもしれません。

自分の人生が失敗だらけだと思い次に繋げる事が出来ないのであれば、その考え方自体を変えた方が良い時もあるでしょう。

失敗の経験があったからこそ「望む経験をする為に本当に必要な事」が理解出来る事もあるのではないでしょうか。

【経験を積めば組み合わせる事が出来る】

何の経験でも積めば積む程良い、とまでは思いませんが、沢山の事を経験する事によってその「経験」と「経験」を組み合わせることが出来るようになる時があるかと思います。

そうした「組み合わせ」が出来るようになる事が、沢山の経験を積む事の良い所かと思いますし、経験を積みたいと思った時にも「他の物と組み合わせる事が出来そうな経験」に焦点を当ててみるのも面白いのではないでしょうか。

例えば英語が喋れて料理が得意な人なら、海外から来た人に日本の家庭料理を振る舞ったり作り方を教えてあげる事も出来ますし、イラストを描くのが得意で心理学を学んだ経験を持っていれば「心理学をイラストで説明する」という事なんかも出来ますよね。

そうした「自分の経験を組み合わせること」によって、新しい価値や自分のやりたい事などが見えて来る事もあるかもしれません。(やりたいことを見つける方法

経験を積むだけであれば、本を読んだり、海外に行ったり、遊びに行ったり、デートしたり、何をしても経験を積む事には繋がりますが、そうした経験から「何を感じるのか」、「何を受け取るのか」といったことを意識してみるのも良いかもしれません。

【経験を積めば視野が広がる】

多くの経験を積む事によって「物事を俯瞰して見る」という事が出来るようになることもあります。

例えば「もっと経験を積んで出直してこい」と言われるのは「視野が狭い」と認識された事になるのではないかと思いますが、目の前の事しか見えていない、経験が無かったり、経験が浅いので柔軟な対応が出来ないと思うのであれば、「視野を広げる為の経験」を積むことを考えるのが良いのではないでしょうか。

ですが視野を広げる為の経験と言っても、それは「慣れている」こと、つまり「考えなくても全体が見える」事である場合が多いものですので、慣れるまでそれを続けてみる事が大切なのかもしれません。(継続は力なり

近くにいる「自分と視点が違う」と思う人の意見を聞いてみたりする事でも、自分中に新しい「視点」が加わる事になるので聞いてみるのも良いかと思います。

そうして多くの経験を積む事で、その経験から「自分がやりたい事」を見つける事に繋がったり、「自分の視野を広げる」事になるのであれば、それらは人生をより良いものへとしてくれるのではないでしょうか。

人との出会いも、別れも、部活動も、学校も、就職も、飲み会も、趣味も、全ての事は経験です。
そしてその経験から「何を学び」「どう活かすのか」を考えていく事が、経験を積む事の大切な所なのではないでしょうか。(「やりたいことをやる」という選択



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク