結婚すれば幸せになれる?

「結婚すれば幸せになれる」というイメージは、小さな頃からあるかと思いますが、実際に自分や自分の周りの人達が結婚したり、結婚後の生活を聞いたりしていると、「結婚すれば幸せになれる」ということや、「結婚=幸せ」というのは、少し違うようです。

好きな人と一緒に生きていける、好きな人との子供が出来る、自分の家族ができる、ということはとても幸せなことかと思いますので、結婚すれば幸せになれる、というよりも「結婚することで更に幸せを感じられる出来事が増える」のかなと思います。

ただその「幸せを感じることを選ぶのは自分」だということを意識することで、結婚しても結婚しなくても幸せに生きていくことは、誰にでも出来るのではないでしょうか。

【結婚して幸せな人、そうでない人】

結婚しても、幸せな人とそうでない人がいます。

それは「幸せ」は「結婚しているかしていないか」ではなく、「自分が幸せだと感じるか感じないか」で決まるからだと言えるかと思いますが

結婚すれば幸せになれると思っている場合、結婚しなければ幸せではないという、必要のない「幸せではない条件」を自分自身に伝えていることにもなるのではないでしょうか。

結婚している人が幸せならば、結婚していない人は不幸なのか、と問われれば、そうではありませんよね。

結婚すれば幸せになれるのだろうか、と考えてしまう時は、幸せに「してもらう」ことではなく「今ある幸せに目を向ける」ことを意識してみるといいかもしれません。

「幸せになりたい」と考える時は「ないものに目を向ける」ことになり、それは幸せに生きることを遠ざけてしまいますが、その反対に「今あるものに目を向ける」と、幸せに気づくことができるかと思います。

自分が何を意識して生きていくのかというのは、「自分自身で選択できるもの」ですので、結婚して幸せに生きていきたいと思うのであれば、「結婚すれば幸せになれるのか」を考えるよりも、「いつでも幸せでいられる自分」であることを意識してみてはいかがでしょうか。

【結婚すれば幸せを感じる機会が増える】

「幸せは自分が感じるもの」ですので、結婚がイコール幸せにはならないかと思いますが、結婚することによって、家族が出来たり、愛を感じたり、より幸せを感じる機会というのは増えるかと思います。

その「幸せに目を向ける」ことが出来ている限り、結婚して幸せに生きていくということは出来るのではないでしょうか。

「幸せに目を向けて生きる」ことが出来るなら、幸せを感じて生きていくことになりますし、「今幸せを感じる」ことが出来るなら、結婚しても、結婚していなくても、何をしていても幸せに生きていくことが出来るかと思います。

もし今、幸せではないと思うなら、まずは「今あるものに目を向ける」こと、「幸せに気づくこと」「感謝すること」を意識してみるといいかもしれません。

自分の人生を幸せな色で染められるのは「自分の心の在り方次第」です。

あなたは今、どんな気分でいる事を選択しますか?



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク