嫌われる勇気は必要か

「嫌われる勇気」という言葉は、「嫌われたくない」という思いがあるからこそ出てきた言葉かと思いますが、人に嫌われたくないから「望んで嫌われないように生きている」のであれば、嫌われる勇気を無理に持つ必要もないのではないかと思います。

人に嫌われたくないので人に合わせる、というのは多くの人がしていることで、それに反することになる「嫌われる行動」というのは受け入れられない事も多いかと思いますし、嫌われると思いながら行動することで自分に負担が掛かってしまうこともあるのではないでしょうか。

「嫌われる勇気」は、嫌われない為に人に合わせて生きるという事に疲れた人や、もっと本当に自分の望む人生を生きていきたいと強く思う人にとっては必要なものかもしれませんが

それは「嫌われに行く勇気を持つ」のではなく「嫌われたとしてもそれを受け入れる勇気を持つ」ことなのではないかと思います。

「嫌われに行け」という意味ではないので、例えば「自分の意見を言う」ことや「自分の好きなことをする」ことで誰かに嫌われるならそれは仕方ないけれど、ワガママに自分の意見を言うのではなく「思いやり」を持つことは大切なのではないでしょうか。


【人に合わせるのを辞める】

嫌われる勇気を持ちたいと思うのは、「自分の意見を言いたい」「自分が本当に望むことを選択したい」と思うからかと思います。

そしてその行動というのが「人に合わせるのを辞める」ことや「本当に好きなことを好きだと言える」ことならば、それが必ずしも人に嫌われる行動でもないということを知っておくことは大切なのではないでしょうか。(「人からどう思われているか」が気になる人へ

本当は多くの人が「自分の好きなように生きたい」と思っているのに「そうしてはいけない雰囲気」であったり、「幸せの表現は控えめに」するような事に慣れてしまっているのであれば、その場に留まるのか、幸せに豊かに生きる事を選択し、そうした人間関係を築いていくのかということは意識した方がいいのかもしれません。

嫌われる勇気を持つということは「人に嫌われやすい行動」を取っていくことになるかと思いますし、今までの人間関係も変わっていく事にも繋がるかと思います。

ただ、自分が「どの価値観で生きるか」を選択すれば、その価値観に合った人だけが最終的に自分の周りに残る事になるかと思いますので、それはそれで良いのかもしれません。

【人に合わせる理由を考える】

嫌われる勇気を持ちたいと思い「人に合わせるのを辞めたい」と思う時には、なぜ自分は「人に合わせているのか」を考えておくのも大切なことかと思います。(自分の人生を生きていないと感じたら考えたいこと

「人に合わせる方が生きやすい」「一番安全な道」だからこそ、その道を多くの人が選んでいるのであれば、嫌われる勇気を持ち行動していくことは「生きづらい道」を選んでいる、反感を買いやすかったり、嫌われやすい道を自ら選ぶことになるということですので

自分は嫌われてでも本当にその道を歩みたいのか、ということは意識しておいた方がいいのかもしれません。

「人に合わせなければいけない」と思っていれば、それは自分の望みではないかと思いますが、「人に合わせることで仲良くなれたら人生はもっと楽しくなるだろう」と思い人に合わせるなら自分の望みですし

その場合は嫌われる勇気も必要ないのかもしれません。

嫌われる勇気があれば、もっと自分の生きたい人生を生きることが出来ると思うのであれば、嫌われる勇気を持つことを考えてみるのもいいかと思いますし、自分が望む人生について考え、それに必要なことを選択し、行動していくことで、自分の生きたい人生を生きていくことが出来るのではないでしょうか。(主体的に生きるということ



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク