人に嫌われてもいい理由

人に嫌われたくない、人に嫌われない為にはどうすればいいのかといった事は多くの人が考える事かもしれませんが、人に嫌われる事を怖れて自分が本当にやりたい事が出来ないでいるよりも、人に嫌われてもいいから「本当に自分のやりたい事」をやる方が良いのではないでしょうか。

自分のやりたいことをやって、人に嫌われないのが一番良い事かもしれませんが、人に嫌われない人というのはそもそも居ないものです。
誰しも良い面と悪い面、好かれる面も嫌われる面も持ち合わせているものですし、多くの人に好かれるような人物になっても、一部の人からは嫌われる事もありますよね。

「あの人のこういう所は好きだけど、ここは嫌い」と思う事がありますよね。
それと同じ様に、自分も見られているのだという事です。

嫌われても良いと思い生きて行くことは、嫌われたくないと思い生きている人からしてみれば、大きく人生を変える事となるかと思います。
今まで「嫌われるかもしれないから」と思い出来なかった事が出来る様になる事は、自分の人生を創造していく事へと繋がります。

人に嫌われてもいい理由について考えてみる事は、自分の人生を変えるキッカケにもなるかもしれません。

スポンサー ドリンク

【嫌われる事は当たり前な事】

人に嫌われてもいい理由を考える前に、人に嫌われるという事について考えてみると、人は必ず「嫌われている」し「好かれている」のだという事が分かるかと思います。

もし「あなたの全てが好きだ」という人が現れたとしても、あなたの全てを知っているのはあなただけですよね。
反対に「あなたの全てが嫌いだ」という人も、嫌いな面だけ見て、それがあなたの「全てだ」と思っているだけではないでしょうか。

多くの人に好かれる人も居れば、多くの人に嫌われる人もいます。
そしてその多くの人に嫌われたくないという思いを捨てることで、自分の人生を生きやすくする事が出来るかと思います。(固定観念を捨てる方法

人に嫌われるというのは当たり前であり、日常茶飯事なものなのです。

人に嫌われる行動を取る事を勧めている訳ではありませんが、自分が本当にやりたいことをやって生きて行く事や、自分の意見を言う事で「人に嫌われる」と思い行動出来ないのであれば、人に嫌われてもいいと思い行動する位が丁度いいのではないでしょうか。

【人は人の事をそれほど気にしていない】

人に嫌われたくないと思い、何かを我慢したり相手に合わせたりしていたとしても、人は自分の事以外はあまり気にしていないものですし、それと同じ様に、自分も「誰かのことばかり考えている」という事はありませんよね。

誰かに嫌われることもあれば、誰かに好かれる事もあります。
「嫌われる」「好かれる」という事を気にして生きて行く事は、自分の人生を他人に預けてしまっている事になるのではないでしょうか。(自分の人生に責任を持つ、選択するという事

嫌われても、好かれても、自分がやりたいと思う事をやる、自分が信じている事をやると決める為には嫌われる覚悟も必要ですし、無難に生きて行く事は「あまり嫌われない」かもしれませんが、無難に生きつつ自分が本当にやりたいことをやる、という事は出来ないかと思います。

自分が本当にやりたい事をやって生きている人や、自分の意見をハッキリという人が少ない以上、それは無難な生き方には入らないですよね。

人に嫌われたくないと思い、誰かの事を気にする事は、自分が思っている以上に意味の無い事かもしれません。

【人を嫌いになる理由】

人が誰かを嫌いになる理由、自分が誰かを「嫌いだ」と思う理由は何でしょうか?

「自分に嘘をついたから」とか「誰かに悪口を言っていたのを聞いたから」とか「考え方が合わない」とか、この人嫌いだなぁと思う理由は色々あるかと思いますが、多くの人が誰かを嫌いになるのは「自分を守るため」ではないでしょうか。

自分を守るという事は、自分に危害を加えそうな人を嫌いになる事で自分を守るということや、自分の考え方を否定される事によって今までの人生が否定されるような感覚から自分を守るという事です。

職場の上司を嫌うのも、嫌わなければ自分が傷ついてしまうからかもしれません。(「人間関係に疲れた」あなたへ

自分が本当にやりたい事をやって、それによって人に嫌われるのだとすれば、あなたを嫌いになる人は「変化に対する怖れ」を持っているのではないかと思いますし、あなたが変化を望んだのであれば、これから出会う「変化を受け入れる事が出来る人」からは好かれることでしょう。

自ら人に嫌われに行く必要はありませんが、自分が本当に生きたい人生を生きると決めるのであれば、人に嫌われてもいいという覚悟は持って生きて行く方がいいのではないかと思います。(人に迷惑をかけない生き方を選びますか?



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク