気を使いすぎて疲れた人が考えたい事

気を使って生きることは当たり前の事で、人を傷つける言葉は言ってはいけない、相手の喜ぶ事をしなければいけない、相手の機嫌を損ねてはいけない、「人の顔色を伺う」事が当たり前、と思い生きる事は、とても疲れるものですしストレスも溜まるのではないでしょうか。

ですがそれでも人が「気を使う」事を辞めないのは、人に気を使う事が当たり前であるという「固定観念」を持っていることや「気を使う事で気を使われる」こと、つまり相手の喜ぶ事をすれば、相手も自分に良い事をしてくれるであろうという「期待」もあれば、相手を怒らせることは自分に危険が及ぶ事になるからという「自己防衛」などが理由となるのかと思います。

人に気を使うことは悪い事ばかりではありませんし、その「気遣い」が人を幸せな気持ちにさせることもあるものです。

ただ、それが自分を疲れさせることやストレスを貯めすぎることへと繋がるのであれば、人に気を使いすぎることに対して少し考え方を変えてみることをしてみても良いのかもしれません。

スポンサー ドリンク

【気を使わなければいけないという事】

気を使いすぎて疲れる人というのは、自分が意識しているかしていないかは別としても「気を使わなければいけない」という思いを持っていることが多いかと思いますが、そうした「〇〇でなければいけない」という思いを持って生きる事は、その思いによって自分の考えや行動を縛る事へと繋がるものです。(固定観念を捨てる方法

例えば「気を使わなければいけない」「喜ばせなくてはいけない」と考えただけでも、自分が疲れるイメージが湧きませんか?

気を使わないと、と思い疲れてしまう人は、「〇〇でなければいけない」「〇〇しなければいけない」と思うのではなく、ただ「楽しんでくれるといいな」「喜んでくれるといいな」と思えるのであれば、そうした思いからの発言や行動が出来れば、もう少し楽に生きる事が出来るのではないでしょうか。

【気を使わなくても良い】

全く人に気を使わずに生きる、という事は出来ないかもしれませんが、気を使いすぎて人間関係に疲れる人は、「そんなに気を使わなくてもいいか」と思うぐらいで人に接するのが丁度いいのかもしれません。(肩の力を抜く方法

気を使わなくてもいいと思うだけでも楽になるかと思いますが、それが難しいと感じる場合もあるかと思います。
ですが人の考え方や価値観というのは変わるもので、「気を使わなくてもいいんだ」と繰り返し思って行くうちに、気を使いすぎる事もなくなっていくのではないでしょうか。

気を使わなくても、思ったより大丈夫かも、と思えたら、あなたの意識は変わっていますので、それに伴って現実も変わって行くことになるかと思います。

人に気を使う事で、人が喜んでくれるから、気を使いたいというのであれば、それはそれで良いかと思いますが、自分が生きたい人生を生きる為に、自分が「気を使う」ことを選択するのか「気を使わない」事を選択するのか、それとも「自分が疲れる程には気を使いすぎない」ことを選択するのか、というのは自分の自由ですので、自分の選びたいものを選んで生きて行くのが良いのではないでしょうか。(心に余裕を持つ方法



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク