心が広い人になるには?

心が広い人になりたい、と思う時は、自分の心が狭いと感じたり、すぐにイライラしてしまったり、そんな自分を変えたいと思い、心が広い人になりたいと思うのかもしれませんが、心を広く持ちたいと思うのであれば、現状を受け入れることや、自分の視点を上げる事、固定観念を手放す事を考えてみるのもいいのではないかと思います。

自分の心が狭いと感じるのは、自分の事しか考えられなかったり、誰かを妬んだり、他の人の意見は間違っていると言い争いになったりするからかもしれません。

「心が狭いのが嫌だ」と思うということは、心が広い人になる事を望んでいるのかと思いますし、それが出来ないのは「自分を守ること」から抜け出す事が出来ないからかもしれませんが、そうした自分の思いに気づき、変えて行くことから心を広く持つ事が出来るようになるのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【現状を受け入れる】

現状を受け入れる事が出来なければ、誰かに対してイライラしたり、許せない気持ちを持ったりすることもあるかと思いますが、現状を受け入れる事が出来れば、心を広く持つ事、穏やかに対応する事が出来るようになるのではないでしょうか。

現状を受け入れる為には、まずはその出来事を跳ね返すのではなく受け止めることを考えてみると良いのではないかと思います。

なぜこうなったのか、と思う事もあるかもしれませんが、なぜと考えると「誰のせいだ」とか「何が原因だ」とか、そうした事に焦点を当てて現実を見てしまいがちですが、まずはその現状を「受け止めて」から考える事で、心を広く持つ事が出来るのではないでしょうか。(自分を受け入れる方法

【視点を上げる】

心が狭いと感じるのは、その「狭い範囲」のことしか考える事ができないから、例えば「自分」のことだけを考えている人と「自分と相手」の事を考えている人では、後者の方が心が広いと言えるのかと思います。

そして「自分と相手」のことだけを考えている人よりも、「自分と複数の友人」の事を考えている人の方が、もっと心が広いと言えるのかもしれませんし、さらに「自分と日本に住んでいる人」の事を考えている人の方が、もっともっと心が広いのかもしれません。

誰がどれだけ心が広いか、ということは置いておいて、心が広い人は心が狭い人よりも広い範囲で物事を見ている、多くの人のことを考えている、という事であるかと思いますし、自分の視点を上げること、視野を広げることで、「自分にとって良い事」だけではなく「自分と沢山の人にとって良い事」を選択出来るようになり、それは心を広く持つ事に繋がるのではないでしょうか。(視野を広げて物事を見る方法

【固定観念を捨てる】

固定観念というのは自分の中にある「〇〇でなければいけない」「〇〇であるべき」というような思い込みのことですが、そうした思いが自分の中にあることによって現状を受け入れるという事が困難に思えるのではないかと思います。

「自分の仕事は自分でするべきだ」とか「少しぐらいしんどくても会社には来るべきだ」とか、そうした思いは自分の考えなだけであり、相手は「大変な時はみんなで助け合うのが良い」とか「自分の体調は悪化する前に休息を取るべきだ」と考えているかもしれません。

人の考え方というのはそれぞれで、自分と違う考え方をしている人の意見に対して「それは違う」と言うのではなく、「そうした考えの人もいるんだ」と受け入れることから、現状を受け入れることにも繋がるかと思いますし、反発せずに受け入れることで、心を広く持つ事が出来るのではないでしょうか。(固定観念を捨てる方法

心が広い人というのは、許容範囲が広いと言われるように「人を許す事が出来る範囲」「人の意見を受け入れる事が出来る範囲」が広いのではないでしょうか。

ですので心が広い人になることを考えるのであれば、人との関わりによって、色々な人の意見に耳を傾けてみるのもいいかもしれません。



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク