心に余裕がない人へ

自分の心に余裕がなければ、人に優しくすることや気を使うことが出来ず、そんな自分にイライラしたりと「負のループ」に陥ってしまう事があるのではないかと思いますが、心に余裕がない人は「やらなければいけない事」や「やるべきこと」が多いのではないでしょうか。

「やらなければいけない事」というのは確かにあるかと思いますし、やるべきこともあるかと思います。
ですがそうした「やらなければいけない」という思い、「やるべき」という想いを持つ事によって「心の余裕」を手放してしまっているのであれば、少し立ち止まってみても良いのではないかと思います。

心に余裕がない時というのは「自分の本来の力」を出す事が出来ないかと思いますし、閃きや良いアイディアが出たりするのは「心に余裕がある時」なのではないでしょうか。

心に余裕がなくて一生懸命に頑張って必死になっていけば行く程に、自分の人生というのは「必死で生きなければいけないもの」になってしまうのかもしれません。

自分が今感じている感情が「自分にとって良いもの」ではないとしたら、あなたが生きたい人生を生きる為に出来ることを、考えてみても良いのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【心に余裕がない事の大半はお金が原因】

心に余裕がない人のその「余裕のない理由」の元を辿れば、生活費がないとか、子供の養育費が足りないとか、買いたい物が買えないといった「お金がない」ことである場合が多いのではないでしょうか。

お金がなければこれから自分や家族が「どうやって生きて行けば良いのかわからない」というような不安や恐れから心に余裕がなくなるのかと思います。(お金がないストレスを手放そう

お金からくる「心の余裕のなさ」の他にも、自分は愛されていないとか、恋人が他の人を好きになるんじゃないかとか、そうした「愛がない」ことで心に余裕がない人もいるかもしれません。(承認欲求を手放す

そうした「先が分からない不安」から、少しでも安心したくてお金を沢山稼がなければと頑張ったり、自分から離れられないように必死になったりすることで、さらに「余裕のない人生」を歩む事へと繋がってしまっているのであれば、今一度、立ち止まって考えてみて欲しいと思います。

【心に余裕を持つ事を考える】

心に余裕がない状態で人生を歩んでいると、視野が狭くなりがちで「自分さえ良ければ」と思ってしまうことが多くなるのではないかと思いますが、そうした「自分さえよければ」という思いで生きることは、同じ様に「自分さえ良ければ」と思っている人を引き寄せることに繋がったり、自分の人生にもっと「余裕がなくなること」を引き寄せる事にも繋がる事があります。(望まないものに焦点を当てるのを辞める

心に余裕がない、現実に余裕がなくて「心に余裕を持つなんて出来ない」と思っている人ほど、心に余裕を持つ為に出来る事を考えた方が良いのかもしれません。

それがお金を稼ぐ事や人から好かれることだと思うのであれば、心に余裕を持つ事を出来ずに人生を歩んで行く事になるかもしれませんが、「現実の変化を受け入れること」が出来るようになれば、心に余裕を持つことへと繋がるのではないでしょうか。

もし、〇〇でなければいけない、例えばお金を稼がなければいけない、可愛くなければいけない、などという想いが自分を縛っているのであれば、そうした想いを一度手放してみる事を考えてみてはいかがでしょうか。(楽に生きる為に考えたい事



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク