心のブロックの外し方

自分の心にブロックが在るせいで、私たちは行動できずにいることが多々在ります。

ブロックを外すという言葉、聞き覚えのある方は

スピリチュアル関連の本を読んでいたり、セミナーに行っていたりされて知っているかと思いますが

あまり知らないという人も、ブロックを外すという言葉を使っていないだけ

生きていれば皆、何かしらのブロックは外してる生きて来ていると思いますので、気にせずに読んで頂いて大丈夫だと思います。

スポンサー ドリンク

ブロックを外すという言葉ですが、私の中では自分の持っている価値観の壁を壊すとか

思い込みを無くす恐怖を無くすといったような事かなと思います。(固定観念を捨てる方法手放す事で執着をなくす

無くすというと語弊がありますね、完全には無くならないと思うので…。

ブロックを外して行くと、今よりもっと行動することが簡単になり、

それによって自分に自信もついてくると思います。

そしてその効果が目に見えて分かって来ると

自分がどんどん軽くなっていく感覚になり、とても楽しくなってくるかと思います。

具体的にどうしていけば良いかですが、まずはこのブロック

自分はどういう思い込み、固定概念を持っているのかという事に気づくという事です。

例えばですが、私は昔、人前で話すのが苦手で、沢山の人の前に出ると緊張し

心臓の音が周りに聞こえてるんじゃないかと思う程でした。

そこにどんなブロックがあるかを見て行くと

失敗したら駄目だとか、人に良く見られたいとかいう思いなんですね。

その思いが心のブロックで、そのブロックに気づく事がまず1つ目です。

そして次に、失敗したら駄目だとか、人に良く見られたいという事に対して

失敗したらどうなるのか?人に良く見られなかったらどうなるのか?

という事を考えるのですが、この場合自分目線になりがちなので

他人に置き換えて考えてみると分かりやすいのではないでしょうか。

もし誰かが舞台挨拶をしていて、そこで台詞が飛んでしまったり

緊張して声が裏返ったりしてしまったのをあなたが見ているとしても

あなたはそんなに気に留めませんよね?

あ、飛んだな、緊張してるんだな、程度だと思います。

そしてそんな事は、きっとあなたはすぐに忘れるのではないでしょうか。

人は自分の思ってる程、自分を見てくれてないですし
自分も人の事はあまり見ていないものです。

だから失敗しても良いんですよね。

失敗しても良いというか、失敗しても気にする事は無いものです。

人によく見られたいという事に対してもですが

人によく見られなくても良いんですよ。

それを許す、受け入れるという事が2つ目です。(理解されようとしない

良く見られたい気持ちは分かりますが、人がそれを良いととるか

悪いととるかはその人の価値観次第なので

あなたが気にした所で、相手は勝手に良く見たり悪く見たりするものです。

もしあなたが舞台で失敗をしたとして

例えば、それを良く見る人は、緊張して失敗しちゃったんだな、真面目な人だな、頑張れ~と思い

悪く見る人は、失敗するなんて練習が足りない!なんであんなやつが…と思うかもしれません。

逆に成功したとしても

良く見る人は、良かったな、素敵な舞台だったなと思い

悪く見る人は、つまらなかった、あそこが悪かったと思うかもしれません。

あなたを良く見るか悪く見るかって、その人次第なんですよね。

だから気にする事はないし、正直気にしない方が上手くいきます。

あとは、繰り返し何回も舞台に出る事で、あなたはその場に慣れて行き

最初とは別人のように、失敗をや人の目を気にせずにいられるようになります。

ですので最後は、繰り返し行動するです。

あなたがどれだけ失敗しても良い、人に好かれなくても良いと思っていて

何回も自分にそう言い聞かせても、実際にその舞台に出て緊張して空回り…

 

という事になっていれば、それは受け入れきれてないと言う事です。(失敗する人の理由

自分が本当に失敗を気にせず、人の目を気にせず生きているという所にたどり着くには

行動する事は一番大切な事になります。(ゆるく生きる方法-ストレスを手放そう-

そしてそれを加速させる為の、許す、受け入れるだと思って頂くと分かりやすいかと思います。

そして、昔は失敗や人の目を恐れ緊張していた私ですが

先日友人の結婚式でスピーチをさせて頂く機会がありました。

そこではまだ若干の緊張はするものの、無事スピーチを終え

友人にも落ち着いてたねと言われる自分になれました。

こういう機会がある時、スピーチを断るという事も出来ますが

もしそう思うのならばそれは、許す、受け入れる事が出来ていないので

そういう発想になるという事もお伝えしておきます。

それは決して悪い事では無いのですが

ブロックを外したいと思い、この記事を読んでくれているのであれば

そういう機会を与えられた事に感謝し、それに挑戦してみる事を、私はオススメします。

今日はここで終わります。

最後まで読んで頂きありがとうございます(^^)



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク