行動力がないと思ったら考えたいこと

行動力がない事に悩み改善したいと思うのであれば、行動力がなぜないのか、面倒だと思ってしまうのか、やりたいと思っても動けないのか、そうした事を考えてみることも、行動力を付ける事へと繋がるのではないかと思います。

行動力がない人は、行動力のある人よりも「行動する前に考える」のかもしれません。
そしてその「考える事」というのが多くの場合「行動しない事に繋がる考え」なのではないでしょうか。

今やらなくても良いか、時間が出来てから、余裕ができたら、時間やお金が無駄になるかもしれない、など、そうした考えは「行動しない事に繋がる考え」であり、そうした考えが出て来るのは「安定を求めていること」や「変化を怖れていること」が関係してくるのではないかと思います。

行動する前から「行動しない事を選択している」ので、行動力をつけたいと思うのであれば、今までとは違う選択に一歩踏み出す事が必要となるのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【行動しない方が後悔するということ】

「あの時もしもこうしていれば」「あの時に違う選択をしていたら」と思う事が在るかもしれませんが、そうした「行動しない事による後悔」というのはとても多いのではないでしょうか。

それは「行動しない」という事に対して「責任を持ってない、自覚していない」事が大きな理由かと思いますが、
「行動しない」という事を「無意識に選択しすぎている」という事を自覚することから、行動せずに後悔する、という事は少なくなって行くかと思います。(後悔しない選択をしよう

行動力のない人は「行動することに対するリスク」は考えても、「行動しない事によるリスク」はあまり考えないのかもしれませんし、行動力のある人というのは、それと反対に「行動する事に対するリスク」をあまり考えない、という事もあるのかもしれません。

何に対して焦点を当てるか、つまり「行動する」ことに焦点を当てるのか「行動しない」ことに焦点を当てるのかで、もうすでに自分が「行動するか、しないか」というのは決まっているようなものなのではないでしょうか。

行動しない、という事に対して「行動しないという選択」をしている事を少し考えてみるだけでも、今自分が選択する事に対して後悔しない選択をする事が出来るのではないかと思います。(無意識の行動を意識する

【自分の生きたい人生に行動力は必要か】

行動力がないことに悩んでいるのであれば、行動力のある人のように生きたいのかと思いますが、自分が生きたい人生に「行動力」がどれほど必要なのかというのは、その人次第なのかなと思います。

何かしら「行動する」事は確かに必要ですが、その「行動量」が平均ほどあればいいのか、人並み以上に行動が求められるのか、それは目指すべき場所によっても変わって来るものですよね。

全く行動力がない、と思う人は「自ら進んでは動かない」のかと思いますが、自分がどんな人生を歩みたいのか、ということや、自分がやりたいことなどがあれば、行動量も増えて行くのではないでしょうか。

それでも行動出来ないというのであれば、行動する事に対する固定観念を外す事や、自分の人生は自分で創れるものだという事を考えてみてもいいのかもしれません。(行動力を高める方法



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク