休日の引きこもりが続いている人へ

社会人になると週末の休みは家でゆっくりしたい、休みたいという「休日は引きこもり」状態になってしまう事がありますが、仕事で疲れているのにどこかに出掛ける気力なんてないけど、休みの日をずっと家に引きこもって過ごすのもなぁ、と思うのであれば、その生活スタイルを見直してみることを考えてみても良いのではないでしょうか。

休日は引きこもりがいいんだ、という人は、それでも良いのですが、休日を引きこもってしまった、と後悔してしまう人は、休日の過ごし方や生活の見直しをすることで、より自分の生きたい人生を生きる事に繋がるのではないかと思います。

休日の引きこもりは身体を休める為に必要なものかと思いますし、ゆっくりできる時間というのはとても幸せを感じられるものですので、休息をとりつつ、自分に合ったペースで好きな場所に出掛けてみたり、友人と会う機会を増やしたり、自分のやりたい事に対して目を向けてみるのも良いかもしれません。

スポンサー ドリンク

【休日に引きこもりになる理由】

休日に引きこもりになる人は、仕事に対する疲れから休みの日はゆっくり過ごしたい、と思う人や、元々あまり外に出掛けるのが好きではない、という人、家で過ごすのが好きな人などがいるかと思いますが、休日の引きこもりを脱出したい、と思う人は、本当は遊びに行ったり出掛けたりしたいけど、仕事で疲れて休みたい、というタイプの人になるかと思います。

そうした人が休日に引きこもりにならずに有意義に時間を過ごす為には、普段から疲れやストレスを手放す習慣を付ける事や、仕事が過酷すぎるのであれば、その仕事を辞めてしまうというのも1つかと思います。(仕事を辞めたいと思ったら考える事

平日の疲れを週末に持ってこないようにするという事は、休日を楽しみたい、出掛けたいと思う人にとっては、とても効果的ではないでしょうか。

【疲れやストレスを手放す習慣をつける】

休日に引きこもるのを脱出したいと思うのであれば、平日から溜め込んだ疲れやストレスを休日に取り払う事を考えるのではなく、毎日の疲れやストレスはその時その時で手放して行く事を考えてみてはいかがでしょうか。

毎日少しの時間でも「リラックスする時間」「癒やされる時間」を持つ事で、日々の疲れやストレスを溜め込まずに手放して行く事が出来るかと思います。

そうした少しの時間を毎日取り入れることで、休日に疲れを取る為に引きこもる事は無くなり、休日を楽しく、自分の好きな事をして過ごす事が出来るようになるのではないでしょうか。

キャンドルや入浴剤、アロマなど自分が癒やされるもの、疲れが取れると思うものを活用してみても良いかと思いますし、お茶をいれて一息つくだけでも、仕事帰りの緊張がほぐれ、リラックス出来るのではないでしょうか。

疲れを溜めることは休日に引きこもりになる原因ともなりますので、溜め込まずに毎日少しずつ、手放して行くことを考えてみましょう。


【仕事と生活のバランスを見る】

もし、そんなにゆっくりする時間がない、朝起きて仕事に行って帰ってすぐに寝るだけだ、という人は、働きすぎているかもしれませんので、今の自分の仕事と自分の人生についてしっかりと考え、今の仕事を辞める事を選択肢に入れても良いのではないでしょうか。

労働時間というのは決まっているかと思いますが、サービス残業や暗黙のルールのようなものに縛られて、休日にしか疲れを取る事ができない、そんな人もいるかと思います。

ですが仕事の為に自分を犠牲にしすぎるのは、自分の人生を仕事に捧げているようなもので、仕事の為に生きることになってしまうのではないでしょうか。

働きすぎているな、と自覚している人は、休日に引きこもりにならない事を考えるよりも、仕事と生活のバランスを取る事を考えてみた方がいいかもしれません。

休日の引きこもりが続いている人は、まずは毎日の疲れやストレスを溜め込まないように、日々疲れやストレスを手放す習慣をつける事を考え、仕事と生活のバランスを見直し、必要であれば転職に目を向けてみたり、働き方を変える事を考えてみることで、自分の望む生活へと変えて行く事が出来るのではないでしょうか。(ゆるく生きる方法



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク