見栄を張るのを辞める

つい見栄を張ってしまう、という人は自分を大きく見せたいが為に必要の無い嘘をついてしまったり、本当はもっと素直になりたいのに弱い自分を出す事に躊躇ってしまったりするのかと思いますが、そうした見栄を張るのを辞める事で、もっと穏やかに、幸せを感じながら生きて行く事が出来るのかもしれません。

人が見栄を張ってしまうのは、人に認められたい、凄いと思われたいという気持ちや、嫌われたくないという心理から、人に認められる為に、好かれる為に自分を大きく見せようとしてしまうのではないでしょうか。

そうした見栄を張るのを辞めるということは、そのままの自分を相手に伝えるという事になりますので、今までの人間関係が壊れてしまう、変わってしまうという事があります。
ですがいつまでも見栄を張って生きて行くのは疲れるのではないでしょうか。

見栄を張るのを辞める事で、人間関係が変わってしまったとしても、本当の自分を出す事で得られる人間関係というのも在りますし、その方がゆるく生きることは出来るのかもしれません。

スポンサー ドリンク


【見栄を張る意味を考える】

自分が見栄っ張りだと思う人は、見栄を張る事によって得られるものについて考えてみるのも良いかもしれません。

人の行動には何かしらの理由がありますし、自分が見栄を張っていると思うのであれば、そこには見栄を張る「意味」があり、見栄を張る事によって得られる「何か」があるはずです。

冒頭でも述べたように「人に認められたい」「人に凄いと思われたい」という気持ちから見栄を張っていると思うのであれば、見栄を張る事によって一時的であれ「人に認められる」「凄いと思われる」のではないでしょうか。
お金が無いのにブランド品で身を固めたり、昔の武勇伝を語ったりというのも「人に凄いと思われたい」からだとすれば、その見栄を張るのを辞める為には「人に認められなくても良い」という思い、考え方を持つ必要があるかと思います。(承認欲求を手放す

人に嫌われたくないという思いも、例えば大切な恋人に嫌われるのが嫌で、辛いと思う出来事があっても、それを伝える事で「相手に嫌われるのではないか」と思い見栄を張ってしまうという事もあるかと思いますが、見栄を張る事で嫌われる事が無かったとしても、自分を偽り続ける事でその関係を長く続いたとしても、それではいつまで経っても自分の大切な人に、本当の自分を知ってもらう事は出来ないのではないでしょうか。

見栄を張る事は自分を偽る事に繋がり、その状態というのは長く続くものでは無いのであれば、見栄を張るのを辞め、出来る限りそのままの自分で居られる人間関係を築く事を考えてみてはいかがでしょうか。

見栄を張ってしまう自分もそのままの自分だ、という事も言えるのですが、見栄を張っている自分に対して違和感を感じるのであれば、見栄を張るのを辞める事を考えてみても良いのではないかと思います。

【他人の評価を気にしない】

人が見栄を張る意味が「人間関係で優位に立つ為」である事が多い事から、見栄を張るのを辞める為には他人の評価を気にしない事が一番大切な事かと思います。

ですが他人の評価を気にしない、と言っても完全に無視出来るものでもありませんし、それが出来ないから見栄を張ってしまうのだと思われるかもしれません。

では、人はなぜ他人の評価を気にしてしまうのでしょうか。

人からの評価を気にして見栄を張る人は、人からの評価を上げる事で「自分を守る」事が出来るから人の評価を気にするのかもしれません。
自分を守る、という事は自分の自尊心、つまりプライドを守ることであったり、自分の価値を上げる事で自分の立場を守ることなどが挙げられるかと思いますが、こうした「自分を守る事」の為に見栄を張るというのは裏を返せば「自分の自信のなさ」の現れではないでしょうか。

自分に自信がないから見栄を張り、自分を守っているというのはごく自然な事なのかもしれません。
であれば自分の自信のなさを克服する事が、見栄を張らないで生きて行く為の方法なのではないでしょうか。

【自分を受け入れる】

自分に自信が無い為に見栄を張ってしまう、という事は自分に自身を持つ事で人からの評価を気にしないで生きて行く事が出来るようになり、見栄を張る必要もなくなるかと思います。

ですが自分に自信がない人が急に自分に自信を持って生きてくという事はなかなかに難しい事ですよね。

自分に自信を持って生きてく為に必要な事は、今の自分を「受け入れる」という事です。
今の自分に自信がなくても、自分には何もないと思っても、そんな自分も受け入れる。それでも良いと思うことで、自分に自信を持つ為に必要な行動が取れるようになるのではないでしょうか。

自分に自信がないから「自分には何もない」と思うのではなく、今の自分を受け入れ、「これからどうするか」を考えてみてはいかがでしょうか。(自分を受け入れる方法

【経験値を積む】

今の自分を受け入れる事が出来れば、あとはそのままの自分で出来る事を少しずつでも積み重ねて行くだけで、自分に自信が持てるようになり、人からの評価を気にして見栄を張る事もなくなるのではないでしょうか。

自分に自信を持つ為には行動すること、経験値を積む事が大切になってくるかと思います。

人は元々自分に自信のある生き物で、その自信が無くなって行くのは今までの経験の積み重ねによるものです。
子供の頃は「将来は野球選手になる」とか「ケーキ屋さんで働く」とか、自分には何でも出来ると思っていたのではないでしょうか?

ですがそれらが「夢」と化すのは、自分の積み重ねてきた経験が邪魔をしているから。
好きな事だけして生きて行くなんて出来る訳がない、自分に自信を持つのには年を取りすぎた、などといった思いは「今までの経験から導き出された勝手な答え」なだけであり、それらは新しい知識と経験によって塗り替える事が出来るものです。(固定観念を捨てる方法

今の自分を受け入れ、新しい知識や経験に対して拒絶するのではなく、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。
自分に自信を持つ為には、自分には「出来る」と思える事を積み重ねて行くことが大切かと思います。

今出来る事を、少しずつ、その少しの積み重ねによって自分の自信を取り戻し、見栄を張る事もなく生きて行く事が出来るのではないでしょうか。(自分に自信が持ちたい、自分に自信がない人へ



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク