物が捨てられない人へ

沢山の物が家にあるけれど捨てられない、捨てるのを躊躇ってしまうという人は、物が捨てられないことのデメリット、物を捨てる事に対するメリットなどを考えてみることで、必要のないもの、優先順位の低いものを捨てる事が出来るようになるのではないかと思います。

物を捨てる事は執着を手放すことへと繋がり、それは自分の人生に「本当に取り入れたいもの」を取り入れる事にも繋がるのではないでしょうか。

物が捨てられないと考えているだけでは、家にあるものは減りませんし、部屋を綺麗にしたい、物を捨てたいと思うのであれば「捨てる」という行動を取る必要があるのではないでしょうか。

物が捨てられないと悩んでいるのであれば、少しずつでも「捨てること」をしていくことで、「捨てる事」に対する抵抗も少なくなっていくかと思いますし、最終的には「物を買う時」にも「本当に必要な物かどうか」と考えることも出来るようになっていくのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク


【片付けるではなく「捨てる」ことを考える】

物を捨てる事が出来ないから「収納スペース」が必要になったり「収納ボックス」「レンタルスペース」などを活用することもあるかと思いますが、そこに置いているものが「本当に必要なものなのか」という事を考える事はとても大切な事かと思います。

もし「勿体ないから」という理由で捨てる事が出来ないのであれば、その分の「スペース」に対する「お金」の方が「勿体ない」のではないか、という事も一度考えてみてはいかがでしょうか。

物が多いから部屋を広くしてその分家賃が多くなるのであれば、物を少なくして暮らし、その分使わなかったお金で「必要な時に必要な物を購入する」方が良いこともあります。

捨てられない物をどうやって片付けるかを考えるのではなく、なぜ捨てられないのか、捨てればどうなるのか、捨てると自分にどんなメリットがあるのかを考えて行くことで、物を沢山所有することなくシンプルに暮らして行く事が出来るのではないでしょうか。

【物を持っているということ】

物を多く持つということは、その分何かしらの「執着」が生まれることや、過去に縛られて生きる事にも繋がることがあるかと思いますので、物を「所有する」ということは自分を「縛る」ことにも繋がるのではないでしょうか。

自分が好きなものを集めるというのは「それを持っている自分」や「それが好きな自分」を形成する事に繋がり、それを持っていなければ「自分を構成するものがない」と思い「自分とは一体何なんだろう」と自分が分からなくなる事になる事があります。(自分とは何か

自分とは「自分を構成するもの」によって「自分だと認識する」ことになるかと思いますので、そうした「自分の好きな物を所有する」ことによって、「自分という存在」を確固たるものとしたいのかもしれません。

ですので物を所有し、「〇〇が好きな自分」や「〇〇に所属していた自分」を自分として認識し、それに関連する物を捨てることは「自分を捨てる事」に繋がるのではないかと不安になり捨てる事が出来ない、という事もあるのではないでしょうか。

付き合っていた時に貰った指輪を別れたから捨てる、というのはそうした「思い出を捨てる」ことにも繋がり「次へ進む為のステップ」とされることもありますので、物を捨てる、ということは「過去への執着を捨てる」ことにもなるかと思います。(片思いを諦めることで、幸せな恋愛が出来る理由

そして過去への執着を捨てることは、新しいものを「取り入れる」ことにも繋がるのではないでしょうか。

【本当に大切な物は残る】

もし今、突然自分の家が無くなれば、それまでの自分の思い出の品も積み重ねて来たものも全てが無くなり、どうしようもなく途方に暮れる事になると想像する事は出来るかと思います。

ですが、本当に大切なものは自分の中にあること、自分が所有する「物」ではなく、「家族」「友達」「積み重ねて来た信頼」「知識」「経験」などが「本当に大切なもの」として自分にあるのではないでしょうか。

そして自分の人生で本当に大切にするべきものは、「自分が所有する物」ではなく、そうした「人間関係」や「知識」や「経験」といったものなのかもしれません。

物が捨てられないという事は「物を捨てる事で自分が失われる」ことに繋がったり、「物を所有している事による優越感」や「素敵な物を持っている自分」を感じる為に「物が捨てられない」こともあるかと思いますが、そうした思いは自分の人生を生きる為には手放した方が良いものなのではないかと思います。(見栄を張るのを辞める

物を捨てるという行為はとても簡単なものです。
ですがそこにある「自分の思い、考え」によって捨てられずにいる事が多いかと思います。

そうした時は「捨ててしまう」方が早いですが、それが出来ないのであれば、「自分の人生に本当に大切なもの、必要なもの」かどうかを考えてみてはいかがでしょうか。



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク